Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitter マーケティング情報局

Twitterの使い方 サービス活用 フォロー管理 フォロワーを増やす

Twitter(ツイッター)でフォロワーを3000人獲得する方法。便利ツールもご紹介

投稿日:

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人以上にする方法をご紹介します。加えて、アカウントの運用を効率化できる便利ツールについても解説します。Twitterのフォロワー数は、アカウントの認知度や人気度、影響力を示す一つの指標です。ポイントをきちんと確認して、自身のTwitterアカウントの運用に役立てましょう。

フォロワーが3000人以上いるアカウントのイメージ画像

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを増やす前に

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを増やす前に、知っておきたい情報を説明します。Twitterアカウントのフォロワーが増えると、アカウントの認知度が上がって、共有した情報をより多くの人に見てもらえます。Twitterアカウントのフォロワーを増やしたい方は、まず以下2点のポイントを確認しておきましょう。

フォロワーを増やす目的を明確にする

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを増やすためのアクションを実行する前に、フォロワーを増やす目的を明確にしておきましょう。目的を明確にしていないと、運用の方針が定らず、フォロワー数が増えた後でどのように活用するか明確になりません。フォロワーを増やして何をしたいかをはっきりさせましょう。

フォロワー数よりも信用が重要

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワー数は、アカウントの認知度や人気度、影響力を表す指標となる傾向にあります。ただし、あくまで自身のツイートを閲覧しているユーザーの数に過ぎません。目的に向けてフォロワー数を増やすことは有効ですが、フォロワー数だけに拘りすぎないようにしましょう。

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワー数を3000人以上にする方法

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワー数を3000人以上にする方法をご紹介します。フォロワー数が増えると、ツイートの影響力が高まったり、アカウントの認知度が上がったりします。フォロワーを増やしたい方は方法を確認して、自身のTwitterアカウントを運用する際に役立てましょう。

フォロワー1000人までの運用のコツ

まずは、フォロワー数を1000人までにするための運用のコツをお伝えします。アカウントのフォロワー数に応じて、行うべき運用は変わります。フォロワー数が1000人以下の場合は、以下の運用のポイントを押さえて、効率的にフォロワー数を増やしましょう。

ターゲットと発信するテーマを4つ以内に絞る

フォロワー1000人までの運用のコツの1点目は、ターゲットとアカウントで発信する情報のテーマを4つ以内に絞ることです。Twitterアカウントを運用する際には、どのようなユーザーをターゲットにするかを定めておくことで、どのようなアカウントをフォローすべきかや、どのようなツイートにいいね・RT(リツイート)といったアクションを起こすべきか等、運用方針が明確になります。

また、ユーザーは、有益と感じる情報を提供しているアカウントをフォローする傾向にあります。そのため、Twitterユーザーに有益と感じてもらえるような情報を配信することが重要です。加えて、ツイートする情報には、ある程度テーマに統一感をもたせましょう。様々なジャンルの情報をバラバラにツイートしていると、どのようなアカウントかが伝わりにくくなり、フォローに繋がらない可能性があります。

ツイート量を担保する

フォロワー1000人までの運用のコツの2点目は、ツイート量を担保することです。Twitter(ツイッター)ユーザーは、ツイート内容が有益と判断した際にフォローしてくれる傾向にあります。そのため、ツイート数が少ないと、アカウントをフォローする価値がないと判断され、フォローされにくくなります。

ターゲットに応じた親しみやすいプロフィールに改善する

フォロワー1000人までの運用のコツの3点目は、ターゲットに応じてプロフィールを最適化することです。プロフィールページは、自身のTwitter(ツイッター)アカウントに興味・関心を持ってくれた方が、アカウントについて知るために確認する際に見る重要なページです。様々な項目を活用して、アカウントをプロフィールページの訪問者にアピールしましょう。

自己紹介文には文字数制限がありますので、制限内で自身について最大限記載しましょう。場所欄やURL欄には、自身に関連する位置情報や自身のブログ、他のSNSアカウントのURLを入力して、アピールしましょう。

いいねや引用RT(リツイート)で積極的に交流する

フォロワー1000人までの運用のコツの4点目は、いいねや引用RT(リツイート)を行って、積極的に交流することです。Twitter(ツイッター)で気になるツイートに対していいねや引用RT(リツイート)を行うと、ツイートの投稿者に通知が行くため、アカウントの存在をアピールできます。

アカウントの存在をアピールして認知度を高め、フォロワー獲得に繋げましょう。

フォロワー1000人から3000人までの運用のコツ

次に、Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを1000人から3000人にするための運用のコツをご紹介します。ポイントを押さえて、自身のアカウントのフォロワーを効率的に増やしましょう。

ビジョンと独自性を大事にする

フォロワーを3000人にするための運用のコツの1点目は、ビジョンと独自性を大切にすることです。Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを増やすには、他のアカウントとの違いを明確にして、ユーザーにフォローする価値があると認識させることが重要です。

ビジョンとは、どのような世界を目指すかということを言い表すものです。例えば、同じ内容をツイートしている場合でも、アカウントによって情報の意味合いは変わります。そのため、ビジョンを明確にして情報を配信すると、アカウントの独自性を保ちやすくなり、他のアカウントとの違いを生み出せます。

バズるツイートを分析して型をつくる

フォロワーを3000人にするための運用のコツの2点目は、バズるツイートを分析して型をつくることです。「バズる」とは、多くのいいねやRT(リツイート)を獲得し、非常に多くのTwitterユーザーに閲覧された状態のことです。ツイートがバズると、アカウントに興味を持ってくれるユーザーが増え、フォロワー増加に繋がりやすくなります。

Twitterには、様々なユーザーが投稿した、バズったツイートがあります。過去にバズったツイートを対象に分析を行い、特徴を探ってツイートを投稿する際の参考にしましょう。

ツイートアナリティクスでPDCAを回す

フォロワーを3000人にするための運用のコツの3点目は、Twitter Analytics(ツイッターアナリティクス)を活用してPDCAを回すことです。Twitter(ツイッター)では、ツイートの閲覧数やいいね・RT(リツイート)数、リプライの回数を確認できる「Twitter Analytics」という機能が搭載されています。そのため、過去の運用の実績を把握して、そのうえで今後どのような運用を行うべきかが明確になります。

例えば、投稿時間が異なる2個のツイートを対象に、Twitterユーザーのアクション数の違いを確認し、ツイートの投稿時間を最適化できます。

避けたいツイート

ここからは、Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人以上獲得するために、避けたいツイートについて解説します。きちんと確認して、自身のTwitterアカウントの運用に役立てましょう。

無益な自己満足のツイート

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人獲得したい場合には、無益な内容のツイートは避けましょう。Twitterユーザーは、ユーザー自身に有益な情報を配信しているアカウントをフォローする傾向にあります。そのため、例えば、食べたものや気分といった、他のユーザーに利益がない内容をツイートしていていると、フォロワー増加に繋がりにくくなります。

他者の気分を害するツイート

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人獲得したい場合には、他社の気分を害する内容のツイートは投稿しないようにしましょう。他人の悪口や誹謗中傷をツイートすると、Twitter(ツイッター)アカウントのイメージを損ね、フォロワー増加に繋がりにくくなります。

また、誹謗中傷等の他人を攻撃するような内容のツイートは、Twitterルールで禁止されています。違反した場合には、アカウントが凍結される可能性がありますので、行わないようにしましょう。

伸び悩んでも我慢して継続する

フォロワーを増やす鍵は、途中でフォロワーの増加数が伸び悩んでも、我慢強く運用を継続することです。Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーは、一般的に1000人を超えると増えやすくなると言われています。増加数が落ち込んでも諦めず、ポイントを押さえて運用を継続しましょう。

効率的に3000人以上フォロワーを獲得するための「SocialDog」

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人以上獲得する際に便利なツール「SocialDog」をご紹介します。公式のTwitterサービスよりも効率的に運用を行えますので、詳しい機能について確認して、利用を検討してみましょう。

SocialDogの公式サイト

フォロー管理

SocialDogでは、フォロー・フォロワーを様々な条件ごとに管理できます。例えば、自身が一方的にフォローしているアカウントや、反対に自身がフォローバックしていないアカウント、一定期間アクションが行われていないアカウント等をワンクリックで抽出できます。加えて、誤ってフォローを解除しないよう、フォロー解除したくないアカウントを「保護リスト」に入れて管理することも可能です。

キーワードフォロー

SocialDogでは、「キーワードフォロー」を行って、自身に興味を持ってくれているアカウントを効率的にフォローできます。キーワードフォローとは、自身のTwitter(ツイッター)アカウントに関連するキーワードを含むツイートの投稿者をフォローすることです。

SocialDogでは、特定のキーワードを含むツイートやプロフィールを検索できます。また、キーワードだけでなく、検索したいツイートやプロフィールの情報を細かく設定できるため、抽出したいアカウントが簡単に確認でき、効率的にフォローできます。

モニターキーワード

SocialDogでは、事前にキーワードを登録して、キーワードを含むツイートを一覧で確認できます。自身のTwitter(ツイッター)アカウントに関連するキーワードを含むツイートに対して、いいねやRT(リツイート)を行うことで、アカウントの存在をアピールできます。

特筆すべきは、キーワードを複数個登録できることです。公式のTwitterでは、検索窓にキーワードを1個入力して検索しますが、SocialDogの場合は、関連するキーワードを「モニターキーワード」として事前に何個も登録できて、複数個のキーワードを対象にキーワードを含むツイートを一覧で確認できます。毎回検索する手間が省け、運用を効率化できます。

予約投稿

SocialDogでは、ツイートの投稿を予約できます。フォロワーを増やすために最適な投稿時間が分かっても、最適な投稿時間帯にツイートできなければ元も子もありません。また、特定の時間帯にツイートを投稿することは、運用の手間が増える要因となります。

ツイートの予約投稿機能を利用できると、事前にツイートをまとめて作成し、最適な日時を指定するだけでツイートが投稿されるため、運用の効率化に非常に役立ちます。

SocialDog

運用のポイントを理解して効率的にフォロワーを獲得しましょう

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを3000人以上にするための運用のポイントをご紹介しました。アカウントのフォロワー数を増やすには、目標とするフォロワー数に応じて行うべき運用の内容や留意点が異なります。ご紹介した運用のポイントを押さえて、アカウントのフェーズに最適な運用を行いましょう。

また、Twitterアカウントの運用を効率化できる便利ツールをご紹介しました。公式のTwitterでも行える操作ですが、ツールを利用することでリアルタイムでの操作が不要になったり、検索の手間が短縮できたりします。機能についてきちんと確認して、利用を検討してみましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使ってみましょう。

無料ではじめる


今一番読まれている記事
Twitterのフォロワーが300%増!?効率的にフォロワー獲得を実現する方法とは

みなさんTwitterを活用できていますか?フォロワー数が伸び悩んでいませんか?もしかしたら、Twitterをきちんと使いこなせていないかもしれません。Twitterは基本をおさえて、継続的に運用すれ ...

-Twitterの使い方, サービス活用, フォロー管理, フォロワーを増やす

Copyright© Twitter マーケティング情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

x