Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitter マーケティング情報局

サービス活用

Twitterの片思いリム(フォロー解除)の一括操作が可能なツール5選!

投稿日:

Twitterの片思いユーザーを抽出し、フォロー解除を行いたい方向けにリム操作を簡単に行うことができるツールやWebサイトについて解説します。Twitterアカウント運用時に片思いユーザーや片思われユーザーといった相互フォロー以外のユーザーが増えることで、アカウント全体のフォロー・フォロワーの人数が偏ってしまいます。このような事態に陥り効率的なアカウント運用の妨げとなることがないよう、今後のTwitter運用に役立ててみてください。

Twitterの片思いユーザーに悩む人の画像

Twitterの「片思い」とは

Twitterにおける「片思い」状態のユーザーとそれに対して片思われ状態であるユーザーの概要とそれに関する情報をお伝えします。さらに、片思いユーザー抽出のメリットと片思い状態にあるユーザーに対するDM送信やリプライについても解説します。

「片思い」「片思われ」「両思い」とは

Twitterでは、「片思い」のほかに「片思われ」や「両思い」という単語で分類されるアカウントがあります。

「片思い」とは、自身がフォローしているのに対して相手がフォロー返しを行ってくれていない状態のことを言います。自身だけが相手に対してフォローを行っているため、「片思い」と言われます。反対に「片思われ」はこの片思いの逆で、相手のみが自身をフォローしている状態のことを言います。つまり、「両思い」はアカウント同士が互いにフォローし合っている状態を表しています。

片思いユーザー抽出によるメリット

自身だけがフォローしている状態の片思い・片思われ・両思いユーザーは、ツールを使ってそれぞれ抽出することができます。このなかでも特に片思いユーザーの抽出機能は多くのユーザーに利用され、多くの便利ツールに搭載されています。ここからは片思いユーザーを調べることで、Twitterユーザーがどのようなメリットを享受することができるのか、を解説します。

FF比コントロール

片思いユーザーを抽出し自身のことをフォローしていないユーザーからフォローを外すことで自身のFF比(フォロー・フォロワー比率)を管理することができます。

自身のFF比は、プロフィールページに訪問してくれたユーザーがアカウントの状態を把握する際の判断情報として重要な役割を果たしています。例えば、フォロー数が圧倒的にフォロワー数を上回っていた場合には、ツイートの内容に関わらず、あまりフォローする気が起きません。また、フォロワー数が圧倒的に多い場合には、フォローバックの可能性は低いものの、ツイート内容によってはフォローしてみようかな、というユーザー心理が起こります。

このように、アカウントのFF比を管理することで、その後のフォロワー増加に影響を及ぼすことがあるため、自身のフォロー・フォロワー数を管理することは大切です。

フォロー整理

片思いユーザーを割り出すことで、自身のフォローリストを整理することができます。片思いユーザー全てを自身のフォローから外す必要はないかもしれませんが、過去にフォローしフォローバックが来ていない場合に、現時点ではもうフォローしている必要がなくなったケースには、片思いユーザーを抽出するやり方もフォロー整理の方法として有効になります。

片思いユーザーに対するDMとリプライ

従来のTwitterでは、片思いユーザーに対してDM(ダイレクトメッセージ)を送信することができないなど、片思いユーザーに対して積極的なアクションを取れないことがありました。このように、自身が一方的にフォローしている片思い状態については、フォローされている相手方の迷惑等を考慮した対応となっています。

ここからは、片思いユーザーがフォローしている相手方に対して起こすアクションについて解説します。

片思いユーザーに対してDM送信が可能に

2015年4月に、DM機能の仕様が変更され、片思いユーザーに対してもDMを送信することが可能となりました。さらに、2017年にはフォロワー以外から送信されたDMは自動的にまずメッセージ内の「リクエスト」ボックスに入り、そこから許可されたアカウントのみ通常の受信ボックスに分けられるようになりました。

仕様変更によって、フォロー・フォロワーではないユーザーからDMが届くこと、反対に片思いフォローのユーザーに対してDMを送信することができるようになりました。

Twitter公式アプリのDMの既読機能

上述のような、フォロー・フォロワーとDMに関する仕様以外にも現在までに様々な機能が追加され、2016年にはメッセージを見たかどうかが相手に表示される「既読」機能が追加されました。

この既読機能は、トーク画面を開いたメッセージ本文の下にあるチェックマークの色によって判断することができ、チェックマークの色がグレーとなっている場合に既読状態となります。しかし、このチェックマーク自体は非常に小さく判断が難しいため、分からない場合にはメッセージ本文をタップしてメッセージ下に時間表示の代わりに表示される「送信済み」もしくは「既読」といった文字から判断することができます。

片思いユーザーに対してのリプは迷惑?

片思いユーザーに対するDMは様々な仕様変更に伴ってこの5年で変化していますが、リプライについては従来から基本的にフォロー・フォロワー関係なく誰に対しても行うことができます。ただし、鍵付きアカウントについてはフォロワー以外はそもそもツイートを見ることができないため、リプライを行うことができません。

「片思い」ユーザーを調べるWebツール

ここまで、Twitterにおける片思いユーザーについて解説してきました。自身の片思い・片思われユーザー、相互フォローを把握し管理、フォロー解除等の操作をすることで、今後のTwitterアカウント運用の際により効果的な運用実績を残すことができます。

そこでここからは、自身の片思いユーザー数を調べるために役立つWebツールとそのメリットをお教えします。

片思いユーザーを抽出するためにツールは必要?

そもそも、自身のフォローのなかから片思いユーザーを抽出する際に、Webツールを使用する必要はあるのでしょうか。以下より、Webツールの機能に応じた片思いユーザーの抽出から相互フォロー解除(リム)、片思い一括削除等、Twitterユーザーが行うことが可能となる操作と利便性、そのメリットを具体的に説明します。

片思いユーザー抽出が簡単

公式Twitterアプリから片思いユーザーを検索しようと思った場合、自身のフォロー一覧のなかから「フォローされています」という記載の無いアカウントをひとつひとつ探すことになります。さらにそこからフォローを解除しようと思うと片思いユーザー1人に対して毎回毎回操作を行う必要があり非常に手間がかかります。

そこでWebツールを利用することで、自身のフォローに対してフィルターをかけて検索することが可能となり、簡単に片思いユーザーを抽出することができます。

一括解除ができる

Webツールを使用して片思いユーザーを簡単に抽出した後、その割り出したユーザーに対して行う操作も公式Twitterアプリに比べて非常に簡単に行うことができます。例えば、抽出された片思いユーザーに対して一括で片思いユーザー全員のフォロー解除操作、片思いリムを行うことができます。

フォローのリムーブ操作は、公式Twitterアプリでは、ユーザー1人ひとりに対して毎回操作が必要となり、大きな手間となりますが、Webツールによって大幅に時間と手間を短縮することが可能となります。

リスト化によるフォロー管理

Webツールでは、片思いユーザーに対する操作以外にも様々な便利機能が搭載されています。自身のフォローユーザーのなかから気になるユーザーのみを選択してカテゴリ分けし管理するTwitter公式アプリの「リスト化」機能を、Webツールを利用することでより効率的に活用することができます。

リスト機能では、登録されたユーザーのみのツイートが表示されるリスト内のタイムラインがあり、公式アプリでは基本的に1度につき1タイムラインのみしか閲覧することができません。しかしそこでWebアプリをサイトからを使用することで複数のタイムラインを1画面上に1度に表示させることが可能となり利便性が圧倒的に向上することになります。

片思われ・両思いユーザーも分かる

公式Twitterアプリでは、自身の片思いユーザーを検索するのにも手間がかかるのに加えて、さらに自身の片思われ・両思いユーザーを抽出しようと思うと、同様の手間と時間が2倍も3倍もかかってしまいます。

そこで、Webツールを利用することで片思いユーザーだけでなく片思われ・両思いユーザーも簡単に割り出すことが可能となり、自身のFF比を確認してフォロー管理を行う際に大きなメリットとなります。

多機能ツール

Twitterの便利ツールは、非常に種類が多く、どれを利用するか迷ってしまう方も多いと思います。そこでここからは、数多くある便利ツールのなかから、片思い・片思われユーザーの割り出し機能に加えて上述の機能を複数搭載した多機能ツールを3種類ご紹介します。

Socialdog

SocialDogの公式サイト

Twitterのアカウント管理ツールです。自身のフォロー・フォロワーのなかから片思い・片思われユーザーの抽出に加えて、検索窓を使用したツイート検索、予約投稿機能、アカウント分析機能等が搭載されています。検索時のフィルターの項目が非常に多く、割り出したいユーザーやツイートを的確に絞ることができます。検索条件を保存しておくことができるため、抽出したいツイートやユーザーを即座に抽出することができ、非常に便利です。一括操作によって、フォロー・フォロー解除を簡単に行うことができます。

こちらからSocialdogの利用を開始する

TweetDeck

TweetDeckの公式サイト

Twitter公式の便利ツールで、通常のiPhoneやAndroidアプリも配信されています。

カラムという画面上に表示される列の複数表示が可能で、複数アカウントのタイムラインやリスト化機能を活用した独自のタイムラインを1画面上で一気見することができます。画面左のメニュー画面も自身の使いやすさに応じて好きにカスタマイズすることができ、さらにショートカットキーの活用によってよりスマートなTwitter利用が可能となります。

こちらからTweetDeckの利用を開始する

whotwi

whotwiの公式サイト

Twitterアカウントの分析を行うことができるWebツールです。登録が必要なく、その場で分析したいアカウントのユーザー名を入力するだけで分析結果をグラフにて見ることができます。ログインが不要なため、自身のアカウントだけでなく、友人や有名人のアカウントなど気になるアカウントのユーザー名を入力して分析することが可能です。

片思い・片思われユーザーの数とその比率をグラフで見ることができるため、ひと目で自身のFF比が分かり、今後のTwitterアカウント運用時に役立てることができます。

こちらからwhotwiの利用を開始する

片思いユーザーを調べることのできるWebツール

ここまで片思いユーザーの抽出以外にも様々な便利機能を搭載している多機能ツールを3種類お教えしました。ここからは、片思いユーザーを検索、フォロー解除等の簡単な機能のみを持つツールを2点ご紹介します。Twitterアカウント全般の管理機能よりも、シンプルで簡単に自身のフォローを整理したい場合には以下の2種類のツールを使ってみましょう。

片思いったー

片思いったーの公式サイト

ツールの名前からも分かるように、Twitterの片思いユーザー抽出に特化したツールです。片思いったー内でTwitterアカウントにログインし、相互フォローとなっていないアカウントのフォロー解除を簡単に行うことができます。反対に、片思われユーザーに対してフォロー操作も簡単に行うことができます。

こちらから片思いったーを利用する

片思いチェッカー

片思いチェッカーの公式サイト

片思いユーザーをすぐに割り出すことができるWebツールです。アプリ認証バージョンと、不要なバージョンがあり、アプリ認証を行うことで鍵アカウント(非公開アカウント)についても相互フォローチェックを行うことができるようになりました。

検索から詳細確認で片思いユーザーのフォロー解除、片思われユーザーをフォローといった操作を簡単に行うことができます。

こちらから片思いチェッカーを利用する

ツール使用にて片思いユーザーを抽出してアカウント管理に役立てていきましょう。

Twitterを利用するに連れて、フォロー・フォロワー数が増えることで、自身のみがフォローしている片思いユーザーや、反対に片思われユーザーといった状態が生じます。公式Twitterアプリから片思いユーザーや片思われユーザーを抽出するためには、一覧から自身で検索する必要があり、非常に手間がかかります。

そこでWebアプリやツールを使用することで利便性が大きく向上し、片思いユーザー以外にもアカウント分析等の幅広い機能を利用することが可能となります。Twitterアカウントの運用時に大きく貢献する情報を、登録不要で得ることが可能となるツールもあり、非常に便利です。まずは片思いユーザー抽出専用のツールから使ってみてもよいかもしれません。気になるものがあれば利用を開始してみましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

無料ではじめる


今一番読まれている記事
Twitterのフォロワーが300%増!?効率的にフォロワー獲得を実現する方法とは

みなさんTwitterを活用できていますか?フォロワー数が伸び悩んでいませんか?もしかしたら、Twitterをきちんと使いこなせていないかもしれません。Twitterは基本をおさえて、継続的に運用すれ ...

-サービス活用

Copyright© Twitter マーケティング情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

x