Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitter マーケティング情報局

サービス活用

Twitterマーケティングとは?企業の成功事例と運用におすすめなツールもご紹介

投稿日:

Twitterマーケティングについて、メリットや運用を行う際のポイント、運用時に役立つツールをご紹介します。また、企業のTwitterアカウント運用を任されたものの、右も左も分からない方や、実際に運用を行っている方で行き詰まっている方のために、実際の企業アカウント運用の成功事例もご紹介します。今後のTwitterアカウント運用に役立つ情報が盛りだくさんですので、参考にして効率的なアカウント運用を行っていきましょう。

Twitterマーケティングを行う人の画像

マーケティングにTwitterを活用するメリットとは

近年、様々な業界においてマーケティングを行う際にTwitterを活用する企業が増えています。では、企業のマーケティングにTwitterを活用することで企業にとって一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

Twitterマーケティングとは

Twitterマーケティングとは、マーケティングの販売戦略のひとつとしてTwitterを活用することを言います。企業がアカウントを持ち、自社製品を宣伝することや、キャンペーンを行っている際に広告手段として利用することなどがこれに当たります。ここからは、このTwitterマーケティングを行うメリットやその際のポイント、実際の企業アカウント運用に成功した例をお教えします。

マーケティングにTwitterを活用するメリットとは

そもそも、マーケティングを行う際にTwitterを活用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。なぜ企業はこぞってTwitterアカウントを作成し、プロモーションを行うことが増えているのでしょうか。

売上の向上

第一のメリットに売上向上に繋がるということがあります。Twitterを活用して自社製品の宣伝を行うなど、運用方法によって売上等の結果に現れるかどうかは左右されますが、きちんとした運用を行うことで認知度が上がり、結果的に売上の向上に繋がる可能性があります。例えば、オンラインショッピングのサービスを提供する企業では、自社ショップの製品をTwitterで紹介しそこから顧客をHPへ誘導することで、自社の売上向上が期待できます。

売上向上は、マーケティングにTwitterを活用することで結果的に得られる可能性があるメリットです。以下よりこの売上向上に繋がる前段階で企業が得られるメリットを2点お教えします。

自社サービスの認知

Twitterにて情報を発信することで、Twitterユーザーに対して自社情報を配信することができます。Twitterでは、呟いたツイートがフォロワーのタイムラインに流れます。そのため、消費者に対して直接的なアピールを行なわなくても、フォローされていれば、ツイートを行うことで自社サービスや製品についての認知度を上げることができます。また、画像やURLを貼付したツイートも行うことができるため、キャンペーンサイトへのリンク等を付けてツイートすることも可能となります。

Twitterアカウントを作成し、情報を発信することで自社製品だけでなく、企業自体に興味を持ってもらうことができます。

顧客情報やニーズが分かる

Twitterは2017年10月現在で月間のアクティブユーザー数が4500万人を超え、非常に多くのひとが利用しているSNSとなっています。年齢や性別、居住地などが多種多様な消費者がTwitterを利用していることで、通常ではなかなか図りにくい、顧客情報や要望を得ることができます。

例えば、Twitterのアンケート機能を活用してフォロワーの情報を調査することや、リプライによってニーズを得るなど、Twitterを活用せず調査を行った際には時間も手間もかかるような調査について、Twitterを利用することで直接消費者に対して簡単に調査を行うことができます。

自社に興味を持っているユーザーが明確になり、ツイートによって自社の認知度があがることで、最終的に売上向上に繋がっていくことになります。

マーケティングにTwitterを活用する際のポイント

マーケティングにTwitterを活用することで自社製品の認知度を上げ、顧客情報やニーズを多くの消費者から直接聞くことができます。そこでここからは、実際にマーケティングにTwitterアカウントを活用し、最終的に売上向上に繋げるためのポイントを3点お教えします。

キャンペーン情報などの配信

Twitterアカウントからキャンペーン情報を配信することで、キャンペーン情報の認知度を上げることができます。インターネット上でサイト等に配信する場合、関連するKWを実際に入力し、検索した消費者のみしか認知することができませんが、Twitter上で発信することで、RTやいいねによってフォローされていない新規ユーザーに対しても情報拡散を行うことが可能となります。

そのため、自社サービスについて消費者に魅力的なキャンペーン等を行う際にはTwitterを活用することが有効です。

自社の製品・サービスのターゲットに合わせてブランドを形成する

企業アカウントを運用することで、自社アカウントのフォロワーから興味を持たれている消費者像をキャッチすることができます。また、実際に呟いたツイートに対するアクションからもイメージすることが可能です。

このように、自社製品や企業自体に興味を持っているユーザー情報からターゲットを明確にし、ニーズに応じたツイートや施策を行うことで有効的なサービスを提供するのに役立てることができます。さらに、Twitterを利用した運用方法によって、例えばツイート内容から写真等を活用して、企業イメージ・ブランドイメージを形成することや、自社ツイートに対するリプライに返信することで、フォロワーとの距離を縮めるなどの方法が有効です。

Twitterは、消費者の生の声を身近に聞くことができるツールです。そのため、自社製品や企業イメージについて手間や時間をかけずに簡単に調査を行うことが可能です。

例えば、公式Twitterアプリにて利用することができるアンケート機能を活用して実際の声をアンケート形式で聞くことができます。加えて、イベントを盛り上げる目的や、フォロワーの年齢等を調査することも可能です。しかし、Twitterは匿名アカウントでもアンケートに回答することができ、誰がどこに投票したかどうか分からないため、ここで収集した情報を鵜呑みにしないよう、あくまで参考程度としておくことが大切です。

Twitterマーケティングを成功させるための運用方法

マーケティングにTwitterを活用することで、結果的に売上向上というメリットを享受することができます。そのためには効果的な運用方法を講じることが大切になります。以下よりTwitterアカウントを運用する際に有効な方法を具体的に3点お教えします。

ターゲットに合わせたツイート

上述のように、Twitterを利用することでほとんどコストがかからずに市場調査を行うことができます。その情報を参考にして、ターゲットを明確化し、そのターゲットに応じた情報を配信することで拡散力が上がります。基本的には、ユーザーは同世代や似たような境遇を持っているひと同士でフォロー・フォロワーとなっていることが多く、そのなかで1人がRTなどを行うことで似たニーズを持つユーザーに対して大きくアピールすることが可能となります。

そのため、RTなどをして貰えるようにターゲットが欲しい情報を的確にツイートすることが大切です。

ブランドを印象づけるアカウント

ツイートの内容も勿論ですが、それに併せてプロフィールを編集することも効果的です。企業アカウントのプロフィールページに訪れたユーザーは、少なからず自社に対して興味を持ってくれていますが、プロフィールが簡素であるために離れていってしまう可能性があります。そこで、自社キャラクターを使用するなど何か特徴的なアピールポイントを作ることで企業に対するイメージを残すことができ、場合によってはそのままフォローしてもらえるケースが考えられます。

また、自社ツイートに対するリプライに返信することや、他企業アカウント同士でやり取りすることで、消費者に親近感を持ってもらう方法も有効です。

ターゲットに合わせた投稿タイミング

1点目でお伝えした通り、基本的にはターゲットユーザーに合わせてTwitterアカウントの運用を行うことが非常に大切です。そのため、ツイートのタイミングがポイントとなります。

Twitterのタイムラインは、時間ごとに様々なツイートが流れていきます。つまり、ターゲットユーザーがTwitterを利用せずタイムラインを閲覧していない時間帯にツイートしても、ツイートを見てもらうことはできません。ツイートを見てもらうために大切なことは、ターゲットユーザーのTwitterにおける活動時間を明確にし、タイミングを見計らってツイートすることです。これにより、情報の閲覧数が上がり、拡散力を高めることができます。

投稿タイミングの調整は時間帯に限らず曜日等も同じで、例えば、個人消費者に対して情報発信を行いたい場合には土曜日・日曜日を中心に、法人向けであれば平日の10時から18時をメインにツイートするなど、企業サービスに応じて時間帯や曜日を考慮して情報発信を行うことが大切です。

更新頻度を上げる

ツイートの更新頻度を上げることでタイムラインへの登場回数を増やし、認知度を上げることが可能です。企業アカウントの更新が1ヶ月行なわれていないと、運営の杜撰さから企業イメージについても良いイメージを持ってもらいにくくなります。そのため、こまめにツイートや、いいね、RT、リプライを行うことで消費者に対して良いイメージを持ってもらうことができます。

ただし、あまりに更新頻度が高いと、タイムラインが企業アカウントによって埋め尽くされてしまうことがあり、ユーザーによってはフォローを解除されてしまう可能性があります。具体的に1日2投稿など、始めに投稿数を決めて運用を行うことが有効です。

Twitterマーケティングの成功事例

Twitterを企業マーケティングに活用するメリットと、運用を効果的に行うための運用方法をお伝えしました。ここからは、実際に上述のような運用方法を行って多くのフォロワーを獲得し、Twitter運用に成功している企業事例を5社ご紹介します。非常に多くのフォロワーを抱える、人気の企業アカウントばかりですので、自社のアカウント運用に役立ちそうなテクニックがあれば参考にしていきましょう。

セコム

セキュリティや防犯対策、警備等のサービスを提供するセコム株式会社です。セコムのTwitterアカウントは、フォロワーが70万人を超え、役立つ防犯情報を配信しています。

女性に対する安全対策や、子どもに対して防犯対策を教える際のポイントなど、日常生活に役立つ情報が1日2投稿ほど行なわれています。

SHARP

電子機器や電子部品の製造・開発・販売を行う大手企業です。フォロワーは48万人を誇り、製品やサービスに関する情報が配信されていますが、そういった宣伝ツイートに加えて、カジュアルなツイートが多く、親しみやすさから大きな人気を誇ります。

堅いイメージのある企業アカウントですが、このような人間味のあるツイートが発信され、1ツイート対してリプライが多く、個人アカウントのツイートを公式TwitterにてRTするなどフォロワーとの距離が近いのも特徴です。

山芳製菓

わさビーフというお菓子を製造する山芳製菓です。製品情報に関するツイートをメインに、わさビーフのキャラクター「わさっち」が上手く活用されています。

山芳製菓株式会社の公式Twitterのプロフィール画像
参考:山芳製菓公式Twitterアカウント

プロフィール画面背景やアイコンが非常に可愛く、ツイート内容についても行事やその日にちなんでキャラクターを使用した画像が投稿されています。アイコンが毎日のペースで更新されるなど細かな工夫が多く、多くのフォロワーを獲得しています。

1日に3投稿ほどツイートされ、1日の終わりにはこのような終わりのツイートがされます。更新頻度は比較的高めの企業アカウントですが、キャラクターによって癒やされる内容が多く、タイムラインに流れてきても不快に感じることが少ないです。

井村屋

あずきバーで有名な井村屋の公式アカウントです。井村屋のTwitterアカウントは、フォロワーが140万人を超え、今回ご紹介するなかで最多のフォロワーを誇ります。

自社製品を宣伝するツイートがメインに投稿されていますが、宣伝ツイートもカジュアルな内容で親しみやすさがあります。また、自社ツイートに対するリプライに返信することも少なくなく、こまめな運用が多くのフォロワーを獲得しています。

キングジム

文房具メーカーのキングジムの公式Twitterで、フォロワーが30万人を超えるシャープなどと同様に非常に人気のある企業アカウントです。製品の告知ツイートは勿論、運用担当者の存在が伺える人間味溢れるツイートが人気です。

毎日その日に関するツイートが更新され、運用担当者の情報もツイートされるなど、フォロワーとの関係が深いのが特徴的です。

また、これはおもちゃメーカータカラトミーのツイートなのですが、キングジムのTwitterアカウントは、他企業アカウントとの絡みが非常に多く、企業間のやり取りが面白いとするフォロワーも少なくありません。このようない他社との絡みが深いアカウントとして、上述のSHARPやタカラトミー、タニタ、サントリーなどの公式アカウントがあり、大企業同士の公式Twitterアカウントが仲良く会話している姿に多くのフォロワーが集まっています。

Twitterマーケティングに役立つツール

マーケティングにTwitterを活用することのメリットや具体的な運用方法と実際の成功事例をご紹介しました。特にフォロワーの多い企業アカウントからは学ぶことができる点が多く、今回ご紹介した以外にも様々な企業アカウントを参考にすることでより効果的なTwitterマーケティングを行うことができます。

そこでここからは、実際にTwitterマーケティングを行う際に役立ちそうな便利ツールに関する情報をお教えします。企業アカウントの運用を任され、これから運用を開始する運用担当者や、運用につまずいている方は参考にして、気になるものがあれば使用してみましょう。

ツールを利用するメリット

そもそも、なぜTwitterのアカウント運用を行う際にツールを使う必要があるのでしょうか。公式Twitterアプリから行う際となにが違うのでしょうか。ツールを使用したTwitterマーケティングのメリットを5点お伝えします。

フォロー・フォロワーの変動が簡単に分かる

Twitter便利ツールでは、自身のフォローやフォロワーの増減を1日単位や時間帯ごとで分析することができます。例えば、毎日のフォロー・フォロワーの人数をグラフ化し、毎日比較することができる機能などがあります。

自社アカウントに対してどのような時間帯にフォロワーが増えたのかが明確に分かることで、その時間のツイートとの関連性などを考慮して今後の運用の参考とすることができます。

いいねやお気に入り等のフォロワーの活動が活発な時間帯が分かる

フォロワーが自社のツイートに対して行ったアクションの時間から、フォロワーがいつTwitterを見ているのかが分かります。活動時間に応じて自社製品情報等を配信することで、非活動時間にツイートするときと比べて圧倒的な拡散力を持ち、効果的に認知度を上げることができます。

予約投稿が可能

フォロワーの活動時間が分析によって分かっても、実際にその時間にツイートできなければTwitterの運用に役立てることはできません。しかし、毎日決まった時間に様々なツイートを行うことは、仕事であっても難しい場合が多く、特に土日にツイートをメインに行いたい企業アカウントにとっては負担が大きくなってしまいます。

そこでツールを使うことで、事前に投稿内容を確定させ、日時を指定したツイートを行うことができるようになります。投稿時間ぎりぎりに内容や画像を探す手間がなくなり、事前に複数個のツイートを予約しておくことも可能なため、企業のTwitterアカウントを運用する際には大きなメリットとなります。

ターゲット層へ即座に到達することができる

ツールには、KWからユーザーやツイートを検索することが可能な機能があります。公式のTwitterアプリでも利用可能な検索機能ですが、ツールを用いることでより詳細なフィルターを用いた検索が可能になり、さらに自身のフォロー・フォロワーに対してもフィルター内の条件から検索によって知りたいユーザーを抽出することができるため、非常に便利です。

KW検索によって自社の関連するツイートを検索し、さらにそこから実際にいいね等のアクションを起こすことでフォロワーとなってくれる確率の高そうなアカウントを抽出することで、効率的にフォロワーを増やすことができます。

Twitterマーケティングに役立つツール

Twitterの企業アカウントを運用する際にツールを用いることで、非常に効率的なアカウント運用が可能となることが分かりました。そこでここからはTwitterマーケティングの際に役立つ便利ツールを3点お教えします。以下にある3点は、運用時に欲しい機能が1機能だけでなく多く搭載され、無料で利用することができるツールです。気になるものがあれば利用してみましょう。

Socialdog

SocialDogの公式サイト

Twitterアカウント運用に関する様々な機能が搭載されているツールです。フォロー・フォロワーをフィルターから検索・抽出し、該当アカウントに対して一括フォロー、一括フォロー解除等の操作を行うことができる機能や、KWからツイートを検索する機能、ツイート分析機能など、幅広い機能が搭載されています。検索機能の際に利用するフィルターについては非常に詳細な条件まで指定することができ、ユーザーを少数まで絞ることが可能です。

予約投稿を行うことも可能で、Twitterにて企業アカウントの運用を行う担当者の痒いところに手が届くツールです。

こちらからSocialdogの利用を開始する

TweetDeck

TweetDeckの公式サイト

Twitter公式の便利ツールです。ツールだけでなく、アプリも配信され、カラムと呼ばれる列ごとに自身のタイムラインやDMの画面、メンション画面等を一気に表示させて様々な通知を一気に確認することができます。

さらに、タイムラインの左側にあるメニューバーを自身で自由にカスタマイズすることができ、より効率的な運用に役立てることができます。

こちらからTweetDeckの利用を開始する

whotwi

whotwiの公式サイト

上2種類のツールに対して、アカウント分析に特化したWebツールです。登録が不要なため、自身のパスワード等のアカウント情報を知られる危険性がなく、安心して利用することができます。

分析したいアカウント名(@以降の名前)を入力することでそのアカウントの片思いユーザー、片思われユーザーの数とそれに伴うFF比(フォロー・フォロワー数の比率)をグラフにてひと目で確認することができます。さらに、仲の良いアカウントの一覧やTwitterの使用歴、ツイート数などの数字も分かりやすく表示されます。

分析したいアカウント名を入力するだけなので、有名人や友人のアカウントを分析することも可能です。

こちらからwhotwiの利用を開始する

Twitterマーケティングをツールを使って効率的にアカウントを運用しましょう。

マーケティングにTwitterを活用する企業も少なくなく、最近では多くの企業でプロジェクトごとにアカウントが作られるなどの施策が取られています。しかし、ただアカウントを作成しツイートを行うだけでは、認知度や売上の向上につながりません。今回お伝えしたターゲットに応じた運用方法や、キャラクター等を活用したツイートを行う方法など、工夫を行うことでTwitterアカウントを利用したマーケティングを成功させることができます。

さらに、実際に企業のTwitterアカウントを運用する際に、より効率的なアカウント運用を行う際に便利なツールをご紹介しました。ツールを使うことで、ターゲットユーザーに対して無駄なくアクションを起こすことができます。賢く利用してマーケティングにTwitterを活用していきましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

無料ではじめる


今一番読まれている記事
Twitterのフォロワーが300%増!?効率的にフォロワー獲得を実現する方法とは

みなさんTwitterを活用できていますか?フォロワー数が伸び悩んでいませんか?もしかしたら、Twitterをきちんと使いこなせていないかもしれません。Twitterは基本をおさえて、継続的に運用すれ ...

-サービス活用

Copyright© Twitter マーケティング情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

x