Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitter マーケティング情報局

Twitterの使い方

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りとは。確認方法と原因、対処法まで徹底解説

投稿日:2017年4月12日 更新日:

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りについて、症状や確認方法、原因、対処法、通報する際の注意点について解説します。乗っ取りの予防策も説明しますので、乗っ取り被害に合わないよう対策をして快適にTwitter利用できるようにしましょう。

Twitter(ツイッター)乗っ取りについて調べる人のデスクの様子

Twitter(ツイッター)の乗っ取りとは

Twitter(ツイッター)の乗っ取りについて説明します。Twitterアカウントが乗っ取られてしまった場合、どのような状態になるのか、乗っ取りの原因や確認方法をお伝えします。自身のアカウントが乗っ取られているか確認したい方や、事前にリスクを把握しておきたい方は確認しておきましょう。

自身のアカウントに他人がログインしている状態

Twitter(ツイッター)における乗っ取りとは、自身のTwitterアカウントに他人が許可なくログインしている状態のことです。Twitterでは、アカウント名として「@○○」といったIDと、パスワードが分かれば簡単にログインできます。アカウントIDは公開されている情報のため、パスワードが他人に知られると、乗っ取られてしまう可能性があります。

乗っ取られた際の症状

アカウントが乗っ取られた場合、どのような状態になるのでしょうか。自身のTwitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りを疑っている方は、以下の症状に該当するものがないか確認してみましょう。

フォローされる

Twitter(ツイッター)が乗っ取られてしまうと、自身が操作した覚えのないアカウントを勝手にフォローしている場合があります。

これは、アカウントを乗っ取った他人がログインして勝手にアカウントをフォローしている状態です。

ツイートされる

さらに、アカウントが乗っ取られると、勝手にツイートされてしまう可能性があります。例えば、勝手に広告のようなツイートが投稿されることでそのURLをクリックしたフォロワーが同じように乗っ取り被害に合う可能性もあり、非常に厄介です。

DM(ダイレクトメッセージ)が送信される

アカウントが乗っ取られると、フォローやツイートだけでなくDM(ダイレクトメッセージ)が勝手に送信されてしまう可能性があります。ツイートと同様に、ウイルス感染する可能性のあるURL付きのメッセージがフォロワーに送信されることで、フォロワーへ被害が拡大するリスクがあります。

ログイン不可能になる

アカウントが乗っ取られた際に他人にパスワードが変更されてしまうことで本人がアカウントにログインできなくなる場合があります。

乗っ取りの原因

次に、Twitter(ツイッター)アカウントが乗っ取られた原因として考えられる要因を幾つかご紹介します。

Twitterが乗っ取られると、勝手にフォローやツイート操作が行われたり、DM送信によってウイルス感染を拡大させてしまうリスクがあります。乗っ取りの要因を知って、自身のTwitterが乗っ取られないように対策する際に活かしていきましょう。

ログイン情報が漏れる

Twitter(ツイッター)アカウントが乗っ取られる要因の1つ目に、ログイン情報が漏れたことがあります。Twitterは、IDもしくはメールアドレスとパスワードが分かればどの端末でもすぐにログインできます。

そのため、Twitterのログイン情報と同じ情報を別のインターネットサービスで使用していた場合には、情報漏えいによってTwitterアカウントが乗っ取られてしまう可能性があります。

アプリ連携

Twitter(ツイッター)の乗っ取りの原因として最も多いと言われているのが、アプリ連携や別ツールによる乗っ取りです。Twitterは多くのアプリと連携していますが、連携アプリの中には乗っ取りを目的に連携されているものがある可能性があります。

アプリ連携を行うと、Twitterの利便性が向上して非常に便利ですが、アプリによってはアカウント乗っ取りの原因となる可能性があります。

連携アプリは、許可されたTwitterアカウントでツイートや新規フォロー、DM送信、タイムラインのツイートを見るなどの操作が可能になります。そのため、この権限が悪用されることでアカウントが乗っ取られてしまいます。

ウイルス感染

Twitter(ツイッター)の乗っ取りの原因の3点目に、ウイルス感染による乗っ取りの可能性があります。友人などになりすましてたアカウントからログイン情報を聞き、アカウントを乗っ取る方法です。

ウイルス感染したアカウントの場合、クリックによってウイルス感染するURLがフォロワーにDMで送信されて、フォロワーにも被害が及びます。

乗っ取りの確認方法

ここまで、Twitter(ツイッター)が乗っ取られた際の状態と、要因を説明しました。ここからは、自身のTwitterアカウントが乗っ取られているのかどうかを確認する方法を解説します。

フォロワーへの被害拡大を防ぐためにも、気になる症状があれば以下の方法で乗っ取りを確認しましょう。

ツイートを確認する

まずは、自身の投稿ツイートを確認しましょう。アカウントが乗っ取られた場合、勝手にツイートが投稿されている可能性があります。過去の投稿ツイートを見て、自身で投稿した覚えのないツイートがないか見てみましょう。

ログイン情報を確認する

次に、自身のTwitter(ツイッター)のログイン情報を確認しましょう。Twitterでは、「設定とプライバシー」メニューから「アカウント」、「Twitterデータ」をクリックしてログイン履歴を確認することができます。

履歴にはログインした端末のIPアドレスと位置情報が記載されていますので、怪しいログイン情報があった場合にはパスワードを変更しましょう。

メールで通知が来る場合も

Twitter(ツイッター)の不正アクセスが疑われる場合には、メールで通知が来る場合があります。Twitterによる不正アクセスを通知する機能ですが、自身が普段利用している端末以外からのログインがあった場合も、登録しているメールアドレスへ通知が来る可能性があります。

自身が別端末からTwitterにログインした覚えがない場合には、パスワードを変更して早めに対応しましょう。しかし、場合によってはこの不正アクセスメールを装ったウイルス感染の可能性があるメールの可能性があるため注意が必要です。「[email protected]」から送信されたメールであれば公式Twitter社からの通知ですので、早めにパスワード変更の対応を取りましょう。

アカウント乗っ取りの対処法

実際にTwitter(ツイッター)アカウントが乗っ取られた際の対処法をお伝えします。乗っ取られた際には、できるだけ早く対応することで、友達へのウイルス感染の拡大を防ぎ、勝手にアカウントを操作される心配もなくなります。乗っ取られた場合には以下の対処法を試して、乗っ取りを解除しましょう。

パスワードを変更する

Twitter(ツイッター)アカウントが乗っ取られた際には、パスワードを変更することが有効です。TwitterアカウントはIDとパスワードがあればログインできますが、パスワードが分からなくなれば、ログインされる心配はありません。

  1. Twitterにログインする
  2. 「設定とプライバシー」を選択
  3. 「パスワード」をクリック
  4. 現在のパスワードと新しいパスワードを入力する

新しいパスワードの入力が完了したら、「保存」することでパスワードの変更が完了します。また、パスワードが変更されてしまっている場合には、「パスワードをお忘れですか?」をクリックして新しいパスワードを発行してもらいましょう。

また、上述の手順でパスワード変更を行なってもログインできない場合は、Twitterサポートセンターに問い合わせましょう。

アプリ連携を解除する

乗っ取りの対処法の2点目として、連携によって得たアカウント運用の権限を悪用するアプリの連携を解除することがあります。アプリの連携を確認する際には、「Twitterデータ」から確認できます。

  1. 「設定とプライバシー」メニューを開く
  2. 「Twitterデータ」をクリック
  3. 「アプリ連携」を選択
  4. 「許可を取り消す」をクリック

「アプリ連携」をクリックすると、現在連携しているアプリが一覧で表示されます。連携アプリの中から、乗っ取りの原因として疑われるアプリ連携の許可を解除することで、乗っ取りを解除できます。

メールアドレスを変更する

Twitter(ツイッター)の乗っ取りに対しては、メールアドレスを変更して乗っ取りを解除する方法があります。Twitterのログイン情報の一つである登録メールアドレスを変更することで、乗っ取っている相手がログインできなくなります。

アカウントを削除する

上述の方法を試しても乗っ取りが解除されない場合には、Twitter(ツイッター)アカウント自体を削除する必要がある場合があります。使用頻度の多くないSNSアカウントであれば、アカウントごと削除することで、今後の乗っ取り被害などのリスクがなくなり、個人情報の流出を防げます。

しかし、アカウントを削除するためには、一度Twitterにログインする必要があります。そのため、乗っ取りによってパスワードが変更されてしまった場合には、パスワードを変更してアカウント削除の手続きを行いましょう。パスワード変更後は、プロフィールアイコンをクリックして「設定とプライバシー」の「プライバシーとセキュリティ」のタブからアカウントを削除できます。

乗っ取られたアカウントを放置しない

Twitter(ツイッター)アカウントが乗っ取られたと分かった時点で、上述の対応をできるだけ早く行うことが大切です。アカウントが乗っ取られると、自身のフォロワーの情報などが漏れる可能性があります。

できるだけ早く対応することで被害を最小限に抑えられるため、早めに対応することが重要です。上述の対処法を行なっても乗っ取りが解除されない場合には、Twitter社へ問い合わせることでスパムアカウントを削除してくれる場合があります。乗っ取られたアカウントの歯車ボタンをクリックして、「報告」から「アカウントがのっとられているようです」を選択するだけで簡単に報告できます。

警察に通報することも可能

Twitter(ツイッター)の乗っ取りやなりすましを利用して、何らかの犯罪行為を行った場合には、不法行為を行った人に社会的な制裁を加える事が出来ます。

例えば、有名人のTwitterアカウントに不正にログインして、ツイートを投稿することは、有名人の1ツイートは非常に大きな影響力を持つため、その人の名誉を傷つけたり侮辱をする行為に該当するとして犯罪行為となる可能性があります。実際に犯罪として警察に通報して、犯人を特定する場合には以下の方法で行うことができます。

警察に被害届けを出す

名誉毀損や侮辱罪が成立するような事態となった場合には、警察に被害届けを出すことで犯人に対して刑罰を与えることができます。

Twitter(ツイッター)のアカウントの乗っ取りによって誹謗中傷が行われ、名誉毀損や侮辱罪などが成立する場合は、被害届を提出することで捜査が開始される可能性があります。また、特に金銭的銭的被害を受けた場合は警察に被害を報告しましょう。

警察が動かない場合

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りの場合、被害状況によっては犯罪として成立せず、提出しても実際に捜査が始まらない可能性があります。警察が動かない場合、Twitter社に対してTwitter乗っ取り犯に関する情報の開示請求を行って犯人を特定できます。Twitter社に乗っ取り犯のIPアドレス等の情報を公開してもらい、犯人を特定する方法です。

ただし、Twitter社に対して情報公開請求を行っても、Twitter社の任意での情報公開となるため、拒否される可能性もあります。拒否された場合には、裁判所に対して情報公開請求を行うことでIPアドレスを特定可能です。

乗っ取り代行サービスもあるが、違法

Twitter(ツイッター)に関するサービスには、特定のTwitterアカウントを乗っ取ることができるサービスが配信されていますが、乗っ取りサービスは違法です。利用することで上述の通り、名誉毀損などに当たり、刑罰が科される可能性があります。利用しないようにしましょう。

乗っ取りの予防法

ここまで、Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りについて、乗っ取られた場合のTwitterの症状と原因、解決策を説明しました。ここからは、Twitterアカウントが乗っ取りに合わないよう、予防策を説明します。

アカウントが乗っ取られると、自身のTwitter利用に支障が出るだけでなく、フォロワーに迷惑をかける可能性があります。以下の方法をきちんと理解して、乗っ取り被害に合わないよう、最大限自身で対策しましょう。

Twitter(ツイッター)の二段階認証を利用する

Twitter(ツイッター)では、ログイン時にIDとパスワードに加えて、6桁のセキュリティーコードを設定できます。二段階認証では、Twitterにログインする際にあらかじめ登録した携帯電話番号宛に、6桁のコードが送信され、そのコードがないとログインできない仕組みです。

他人がIDとパスワードを入手しても、登録された携帯電話がないとログインできないため、乗っ取り被害を防ぐことができます。

安易にアプリ連携しない

Twitter(ツイッター)経由で安易にアプリ連携を行わないことも大切です。Twitterのアカウント乗っ取り被害の原因で最も多いのは、アプリ連携によるIDとパスワードの流出です。

安易な連携によってログイン情報が漏れないよう、アプリ連携による過去の乗っ取り事例がないか、連携前に確認することが大切です。

パスワードを複雑化する

Twitter(ツイッター)では、パスワードを複雑化することで乗っ取り被害をできるだけ抑制できます。生年月日などの情報をそのままパスワードにすることで、他人に簡単にログインされてしまう可能性があります。

パスワードを複雑なものに設定して、簡単に分からないようにしましょう。

不審なURLにアクセスしない

アカウント乗っ取りの予防策として、Twitter(ツイッター)のタイムラインのツイートに付いているURLを安易にクリックしないことが大切です。URLによっては、クリックするだけでウイルス感染する可能性があり、知らない間にツイートが投稿されている場合があります。

フォロワーに迷惑をかけてしまいますので、ツイート内容を見て怪しいと感じた場合はクリックしないようにしましょう。

他人事と捉えない

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りについて、自身のアカウントでも簡単に起こりうる事態であるという認識を持つことが大切です。

知り合いからのDM(ダイレクトメッセージ)やツイートだからと言って、クリック等を安易に判断してしまうことでウイルス感染してしまいます。なりすましによって被害が拡大した事例もありますので、他人事と捉えずある程度の危機感を持って利用することが重要です。

乗っ取り予防を行なって、快適にTwitterを利用しましょう。

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りについて解説しました。アカウントの乗っ取りは、自身のアカウントが利用できなくなるだけでなく、フォロワーへ被害を拡大してしまう可能性や、フォロワーの情報が搾取されてしまうケースがあります。また、自身のログインパスワードを変更されて勝手に利用されるケースや、金銭的に被害を被る場合があります。

乗っ取りが疑われる場合には、すぐにパスワード変更などの対応を行うことが大切です。日頃から複雑なパスワードを設定し、ログインの際には二段階認証にするなどアカウントの乗っ取りに遭遇しないように、予防策を講じて快適にTwitterを利用しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

無料ではじめる


今一番読まれている記事
Twitterのフォロワーが300%増!?効率的にフォロワー獲得を実現する方法とは

みなさんTwitterを活用できていますか?フォロワー数が伸び悩んでいませんか?もしかしたら、Twitterをきちんと使いこなせていないかもしれません。Twitterは基本をおさえて、継続的に運用すれ ...

-Twitterの使い方

Copyright© Twitter マーケティング情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

x