Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitter マーケティング情報局

サービス活用

便利ツール「StatusBrew」の使い方。ログインできない要因や安全性も解説

投稿日:2017年3月1日 更新日:

Twitter(ツイッター)の便利ツール「StatusBrew」について解説します。使い方や、ログインできない要因、予約投稿や安全性など、機能から実際の使い方までお伝えします。自身のTwitterアカウントを効率的に運用したい方は、使い方等を理解したうえで導入を検討してみてください。

StatusBrewの使い方を知りたい人の画像

面倒な作業を自動化できるStatusBrew

STATUSBREWの公式サイト

Twitter(ツイッター)アカウントを、「もっと楽に行いたい」「効率的に管理したい」と思っている方におすすめのツール、「StatusBrew」を紹介します。StatusBrewは、Twitterだけでなく、Instagram、Facebook、LinkedInやGoogle+のアカウントと連携できる、ソーシャルメディアマーケティングツールです。

様々なSNSアカウントの運用の手間を短縮できて、非常に便利なツールです。スマートフォンアプリも提供されているため、複数のデバイスから運用を行いたい方におすすめです。

StatusBrew

StatusBrewの使い方

まずは、StatusBrewの使い方を說明します。StatusBrewには、大きく「オーディエンス」と「投稿機能」の2種類の機能が搭載されています。搭載されている機能を使いこなせることで、Twitter(ツイッター)アカウントの効率的な運用に繋がります。
StatusBrewの使い方を知って、自身のTwitterアカウントの運用時に活用するかどうかを判断してください。

ログイン

まずは、StatusBrew内で自身のTwitter(ツイッター)アカウントにログインしましょう。ツール内の言語は、少なめですが日本語で表記されています。

アカウントへログインが完了したら、ダッシュボードから連携させたアカウントの一覧を確認しましょう。

フォロー返し

StatusBrewでフォロー返しを行う際は、以下の手順で操作を行いましょう。

    1. オーディエンスの画面を表示する
    2. 「ファン」を選択する
    3. 「フォロー」ボタンをクリック

「ファン」を選択すると、自身のことを一方的にフォローしているアカウントが一覧で表示されます。一覧の右側にある「フォロー」ボタンをクリックして、フォロー返しを行えます。

また、フォロワー数が多いアカウントや、ツイートの頻度が高いアカウントなど、特定の条件を満たすユーザーのみを表示したい場合は、画面右側でフィルターを設定して検索できます。

フォロー解除

自身が一方的にフォローしているアカウントへのフォローを解除する際には、以下の手順でフォローを解除できます。

    1. オーディエンスの画面を表示する
    2. 「フォローバックされていない」を選択する
    3. 「アンフォロー」ボタンをクリック

フォロー返しと同様に、オーディエンスを開いて、「フォローバックされていない」を選択すると、自身が一方的にフォローしているアカウントが一覧で表示されます。一覧の中の、「アンフォロー」ボタンをクリックすると、フォローを解除できます。

フォロー解除を手作業で行うには、逐一相手のプロフィール画面を表示して、フォローされているかどうかを確認する必要があります。そのため、この機能を使えば圧倒的な時間短縮が期待できます。

予約投稿

StatusBrewでは、ツイートの投稿を予約できます。ツイートの内容や、画像の添付など、投稿したいツイートを事前に作成して、日時を指定して予約可能です。

スケジュール投稿と言われる機能を活用して、毎月1日や毎週金曜日といった定期的にツイートを投稿できたり、繰り返し機能を利用して、RT(リツイート)やいいねなど反響の高かったツイートを、簡単に再投稿できます。

StatusBrewのQ&A

ここからは、StatusBrewを利用するにあたって、生じうる質問について說明します。上述の使い方はもちろん、StatusBrewを利用することで、アカウントが乗っ取られるリスクがあるのかなど、ツールの安全性についてもきちんと理解しておかないと、自身のTwitterアカウントが利用できなくなる場合があります。

自身のTwitterアカウントの運用時に、StatusBrewの活用を検討している方は、以下の項目について確認したうえで利用を開始しましょう。

ログインできないことがある?

StatusBrewの利用を開始した時点で、メールアドレスを登録しておかないと、途中でログインできなくなる場合があります。

一度サインインをしたら、必ず設定からメールアドレスとパスワードの設定をしましょう。メールアドレスとパスワードを設定をしておけば、Twitter本体でログイン出来ない時でも、Statusbrewでログイン可能なので、フォロー・アンフォロー操作や、ツイートの投稿を行えます。

StatusBrew内でブロックを行うと相手に通知されるのか?

Twitter(ツイッター)では、ブロック操作を行っても相手に通知されません。そのため、StatusBrew上で操作した場合も相手に通知は行きません。ただし、ブロックした相手が自身のプロフィールページを訪問した際、自身がブロックしている旨が表示されるので、バレてしまいます。

フォローできないことがある?

Twitter(ツイッター)では、過剰なフォロー操作は禁止されています。そのため、StatusBrewを利用してフォロー操作を行った場合でも、短時間に大量のフォローやフォロー解除を行うと、アカウントが凍結されて、アカウントが削除されるリスクがあります。

1日で400人以内の操作に収められると、アカウントの凍結を防止できます。また、認証済みTwitterアカウントの場合は、1日に最大1、000アカウントまでフォローできます。

ただし、制限内であっても短時間に大量操作を行うと、アカウントが凍結する可能性がありますので、注意しましょう。

安全性は大丈夫なのか?

現時点では、StatusBrewの安全性の大きな欠陥に関して報告はありません。多くの企業も利用しているツールのため、安全性に関しては比較的定評があります。知名度の低いツールを利用するよりは、StatusBrewを使う方が安全だと思われます。

その他便利なツール

StatusBrew以外のTwitter(ツイッター)の便利ツール、「SocialDog」をご紹介します。

SocialDogの公式サイト

SocialDogは、Twitterに特化したツールです。StatusBrewでも利用可能な、フォロー・アンフォロー操作、ツイートの予約投稿が行えます。

また、自身が過去に投稿したツイートを分析して、今後どのような運用を行うべきかが分かります。分析結果は、1ヶ月・3ヶ月・SocialDogを利用した全期間を対象に、グラフで数字の推移を確認可能です。

キーワードを複数指定して、キーワードを含むツイートや、キーワードを含むプロフィールを持つユーザーを検索できるため、自身の潜在的なフォロワーを簡単に探せます。

SocialDog

ツールを使ってスムーズにアカウント管理をしよう

StatusBrewという、Twitter(ツイッター)の便利ツールを紹介しました。ツールを導入してTwitterを運用できると、フォロー・アンフォロー操作や、ツイートの投稿を予約できて効率的なTwitterアカウントの運用に繋がります。

ただし、Twitterルールについて理解したうえで利用しないと、アカウントが凍結されるリスクがあります。注意点や1日のフォロー数制限等について理解したうえで利用を判断しましょう。

また、StatusBrewではTwitter以外のSNSアカウントを連携させて、効率的な運用を実現できます。複数のSNSアカウントを保有している方におすすめです。無料版・有料版がありますので、自身が利用したい機能に合わせて最適なプランで利用を開始してみましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使ってみましょう。

無料ではじめる


今一番読まれている記事
Twitterのフォロワーが300%増!?効率的にフォロワー獲得を実現する方法とは

みなさんTwitterを活用できていますか?フォロワー数が伸び悩んでいませんか?もしかしたら、Twitterをきちんと使いこなせていないかもしれません。Twitterは基本をおさえて、継続的に運用すれ ...

-サービス活用

Copyright© Twitter マーケティング情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

x