Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitterのフォロワーを増やすならSocialDogを使ってみよう

f:id:konisimple:20180404171520p:plain

SNSを活用したマーケティングは、今や一般的なものとなり、企業から個人経営のお店、アフィリエイトなどのウェブビジネスまで幅広く使われています。そんなWebマーケティングには欠かせないTwitterの運営をサポートしてくれるのがSocialDog(ソーシャルドッグ)です。

以下で本ツールの使い方と役立て方を紹介していきます。

SocialDog(ソーシャルドッグ)でできることってなに?

Twitterは、140文字という簡潔さと手軽さのためか、他のSNSと比べて人気が高く、国内のユーザー数はなんと4,000万人にも上るとされています。

そんなTwitterを使って自社ブランドや商品をアピールしたいと考える事業者は多いはずです。

まず最初に行うことは、フォロワー数増加を目指すことです。

やり方は様々で、例えば自社名や関連商品についてつぶやいているユーザーを探し出して一人ずつフォローしていくというのも一つの方法でしょう。

しかし、それでは手間がかかり過ぎて仕事の効率が下がります。SocialDogを使えば、フォロー機能で特定のキーワードが含まれたプロフィールやツイートを一覧で表示してくれます。自動ではなく手動での管理となりますが、無作為なフォローとならない分、大幅に手間が省けます。

また「フォロワー管理機能」により、まだフォローしていない(自社の見込客)やフォローされていないアカウント、非アクティブなアカウトとその期間、相互フォローしているアカウントなどの一括管理もできます。

特別目新しい機能ではありませんが、これらの情報を同時に確認できる点は、他の無料アプリとの違いと言えるでしょう。

フォロワー管理を怠らない

ユーザーの反応や意見を見逃さないこともTwitterでマーケティングを行う上では大切なことです。

SocialDogの「キーワードモニター機能」を使えば、自社の商品やサービス、会社・店舗名に関連するキーワードが含まれたツイートや、関係する属性がありそうなユーザーやアカウント名を事前に登録しておくことで、ツイートの内容をモニターできます。

また、フォロワーとのコミュニケーションは最初が肝心です。

フォローされたあとは確実にメッセージを送るようにしましょう。

しかし、手動で操作していると手間がかかる上に送信漏れも出てくるでしょう。特に1日あたりのフォローユーザーが増えたあとの管理は大変です。フォローしてくれたユーザーに対するお礼の挨拶を一括DM送信機能で送ってみましょう。

その他の自動化機能を使えば、休日中でもフォロワー管理は完璧

連休中や年末年始など、担当者の不在でツイートの機会が少なくなる時期はどうしても出て来るものです。

そんなときには「投稿予約機能」を活用してください。

ツイート回数が少なくなればタイムラインで目にされる機会も減少してしまい、ユーザーが離れていく恐れがあります。

事前にツイートの予約、ストックをしておくことで、定期的にツイートするように心がけたいものです。

また、データの分析もアカウント管理をして行く上では欠かせません。今後の運営のためにも確認しておくようにしましょう。「Twitterデータの自動取得」機能を使うことで、より詳細なデータを得てアカウントを分析することができます。是非活用してみてください。

複数のアカウント管理もSocialDogにお任せ!

複数のTwitterアカウントを運用していると、どうしても管理が複雑化してしまい、どちらか一方のアカウントが疎かになりがちですが、SocialDogなら、複数のアカウントの連携管理が可能です。

「連携アカウントの管理」をクリックすることで、他のアカウントに切り替えることができるので、担当者個人や支店、商品ごとに複数のアカウントを管理している場合には、非常に便利な機能となっています。

また「チーム管理機能」を使うことで、複数の担当者がチームを組んでいる場合にはSocialDogを通じて管理することもできます。規模の大きな会社では使う機会の多い機能かと思います。覚えておくと便利ですよ。

SocialDogを活かして安全なアカウント運用を心がけよう

既にご紹介しました通り、SocialDogの豊富な機能がアカウントの管理をサポートしてくれるため、Twitter担当になったばかりの方たちには強い味方となる筈です。それでもまだ、他のツールと比較して迷っているという人も多いかと思います。

そこはじっくり、各自で検討して行く他ありませんが、万一、デフォルトの状態で管理を続けて行こう考えているのであれば、アカウントの凍結に注意しなければなりません。

Twitterでは、規約により1日にフォローできるアカウント数が、フォロワー数毎に異なります。

まだフォロワーが少ない始めたばかりの頃から目に付いた関連ユーザーを全てフォローしていると、アカウントを止められる恐れがあります。同様に、1日に解除できる人数にも制限がありますので注意が必要です。

そうした問題を考えると、フォロワーを一覧で管理できるSocialDogは優れたアイテムであると言えるでしょう。こちらからフォローした日が確認できるので、まだフォローを返してくれていないユーザーを絞り込み、該当するアカウントだけ解除することができます。

なお、SocialDogでは、フォローからフォロワーの解除までに最低でも2週間空けることを推奨しています。

困ったときはまず「お問い合わせ」を活用してみる

Twitterを使っていると、分からないこがでてきますよね。個人のアカウントであれば自分で調べて解決できそうなものですが、仕事で使っている場合は間違いが起きてしまう危険性もあります。そうしたときに相談に乗ってもらえる点もSocialDogの強みです。

SocialDogの使い方についてはもちろん、Twitterの不具合やルールについてなど、一人では解決の難しい質問にも丁寧に対応してもらえるのは大きな利点です。自己解決を試みて凍結などということになれば、自社のイメージにも響きます。せっかくSocialDogを導入したのなら、その強みを存分に活かして行きましょう。

デメリットと対処法

機能からサポートに至るまで完璧とも言えるSocialDogですが、利用する上で不安なところはあるかも知れません。

一つは、プランによっては有料であるという点です。ちなみに、一番安いプランで月額780円です。費用面に関しては各自の予算と合わせてご相談ください。

もう一つ、気になる点としましては、一時的にフォローができなくなってしまうことでしょう。月に数回、Twitter側から制限がかけられるのが原因のようです。数時間程度で回復しますが、定期的にこの状況が発生するため不安を覚えるかも知れません。

万一、1日中使用できないという場合には、Twitterから直接、手動でフォローすることで対応可能です。その場合でも、フォローした日の記録が残りますので、安心してください。

原因がTwitter側の制約によるものであるため、SocialDogでも対応は難しいようですが、現在、新機能の追加など、対策を検討しています。今後改善していく見込みはありますので、デメリットよりもメリットに注目して、導入を検討してみるのも良いでしょう。

結局、無料プランと有料プラン、どちらを使えば良いの?

フォロワーを増やす第一歩を踏み出すためにも、取り敢えず無料プランから入ってみると良いでしょう。

いくつかデメリットも上げましたが、有料版で使い続ける人がいることを考えると、それだけ便利なツールなのだと分かります。

今後Twitterを活用したマーケティングに挑む方々には一度、SocialDogの機能を試して集客数増加に活用していただければと思います。

SocialDog