Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

【Twitter】グロ画像リプを見てしまったときの対処法

「「心臓撃っても死なないんだよね」とアピールするアンデッド「心臓撃っても死なないんだよね」とアピールするアンデッド」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

最近話題となっている  “ グロ画像リプ ” 。これはバズっているツイートに対し、グロい画像や人を不快な気分にさせるような画像を添付してリプライをする行為です。このグロ画像リプが最近多発し、Twitter利用者を悩ませています。さらに、グロ画像リプのみをするアカウントすらも出現しています。

対処法

では、もしグロ画像リプに出くわしてしまった場合はどのようにするのが最善の策なのでしょうか。

ツイートを報告する

まずはグロ画像付きツイートの報告方法をご紹介します。

まず報告したいツイートをタップします。

f:id:hsnmnks:20180205160856p:plain

 

右上の [ 🔽 ] を開きます。

f:id:hsnmnks:20180205160942p:plain

 

[ ツイートを報告する ] を開きます。

f:id:hsnmnks:20180205160834p:plain

 

[ 不適切または攻撃的な内容を含んでいる ] を開きます。

f:id:hsnmnks:20180205161018p:plain

 

設定は以上で終わりです。

「#このリプ欄にはグロ画像があります」

グロ画像リプの被害を受けているツイートに、このハッシュタグをつけてリプライをします。そうすることで、それ以降ツイートを見た人に、このツイートのリプ欄にはグロい画像があることを知らせることができます。

まとめ

グロ画像リプが流行ると共に、どうすれば被害を縮小できるか、という対策方法も広がっています。協力すれば加害者アカウントを凍結させることもできるので、一人一人の協力が必要ですね!