Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

【Twitter タグ付け】されたくないときの対処法!

f:id:hsnmnks:20171101173345j:plain

Twitterで写真をアップする際、写っている友人をタグ付けする人は多いのではないでしょうか。

今回はタグ付けされないようにするための方法と、タグ付けされるメリットとデメリットをご紹介します。

タグ付けされないようにするための方法(スマートフォンアプリ)

スマートフォンで設定される方はこちらからご覧ください。

(下にPCで設定する方法も書いてあります。)

 

[設定とプライバシー]

f:id:hsnmnks:20171101172438p:plain

 

[プライバシーとセキュリティ]

f:id:hsnmnks:20171101172354p:plain

 

[自分の画像にタグ付けすることを許可]

f:id:hsnmnks:20171101172509p:plain

 

[自分の画像にタグ付けすることを許可]の丸いバーを左にスライドさせると以下のようになります。

f:id:hsnmnks:20171101172553p:plain

 

これで設定は完了です。

タグ付けされないようにするための方法(PC)

PCで設定される方はこちらからご覧ください。

f:id:hsnmnks:20171101173006p:plain

 

[設定とプライバシー]

f:id:hsnmnks:20171101172933p:plain

 

[プライバシーとセキュリティ]

f:id:hsnmnks:20171101172711p:plain

 

[自分の画像にタグ付けすることを許可] を<オフ>にします。

f:id:hsnmnks:20171101172820p:plain

タグ付けされることのメリット

企業の公式アカウントや、自分の活動を応援して欲しいと思っている方、とにかく有名になりたいと思っている方は、タグ付けされることで非フォロワーが自分のプロフィールを見てくれる人を増やせます。

タグ付けされることのデメリット

自分のプライベートが全く知らない人に知れわたる割合が高くなることです。それなら最初から非公開設定にしておけばいいのですが、そこまでしなくてもいいや…と思う方は、[自分の画像にタグ付けすることを許可] を<オフ> ではなく、 [画像へのタグ付けをフォロー中のアカウントのみに許可する] を選択すれば問題ありません!

まとめ

いかがでしたか。タグ付けされたくないと思っている人は、このように簡単に設定できるので是非使ってみてください!

ちなみに、この設定をする前にタグ付けされてしまった分は、自分で消去することができます。また、自分のアカウントを非公開設定にしておけば、誰からもタグ付けされることはないので、もし心配であれば非公開設定にしておくことが無難かもしれませんね。