Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

口コミを知りたい時にも使える!特定のキーワードツイートされたら通知できるサービス3選

f:id:hsnmnks:20171020120801j:plain

Twitterの検索機能を利用したことはありますか?

検索窓に調べたいワードを入力すると、そのワードを含むツイートが表示されます。

自社の評判が知りたい時や、特定の情報が欲しい時等、多くの頻度で使われているのではないでしょうか。

ただ、長期間にわたって毎日同じワードを検索するのは、面倒ですよね。

今回は、特定のワードがツイートされた際に通知を受け取ることができるサービスを3つご紹介します。

 

SocialDog

SocialDogは、日本語表記のサイトです。

キーワードは複数登録することができ、該当するツイートはサイト内にある「受信箱」に表示されるようになります。

わざわざ受信箱を確認しなくても、ログイン直後に表示される画面上で通知を確認することができるので無駄な時間がかかりません。

IFTTT

このサイトは全て英語表記で、使い方も他のサービスと比較すると一風変わっているので、慣れるまでは使いづらく感じるかもしれません。

IFTTTでは、自分自身で「レシピ」と呼ばれるツールを作成するところから始まります。

f:id:ashm:20170724184636p:plain

作成とはいっても、このようにパーツを組み合わせてサービスを利用するといったものなので、難しく感じる必要はありません。

TwitPush

こちらは英語表記のアプリです。

特定のユーザーが特定のワードをツイートした際に通知が届きます。

先にご紹介した二つのサービスと大きく違う点は、ツイートするユーザーも指定しなければならない点です。

指定していないユーザーがキーワードをツイートした場合は通知がありません。

こちらは、端末で通知の許可を行わなければいけないので、アプリをダウンロードしたら確認するようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は特定のワードがツイートされた際に通知を受け取ることができるサービスをご紹介しました。

不特定多数のツイートをみたい時はSocialDogやIFTTT、特定のユーザーに重点を置きたい場合はTwitPush、というように、自分の使用用途にあったサービスを選んで利用してみてくださいね!