Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitterアカウント、一度作ったら削除できない?!削除方法は?

Twitterのアカウントを削除してもう一度作り直したい、と思ったことはありませんか?

しかし、「どのように削除するのかわからない!」という方もいらっしゃるでしょう。

実は、アプリ版のTwitterではアカウント削除ができないのです。

今回は、アプリ版を利用している方でも実践できる、Twitterのアカウントを削除する方法をご紹介します。

Twitterアカウントの削除方法

1 ウェブ版Twitterにアクセス

まずはウェブ版のTwitterを開きます。

ウェブで「Twitter」と検索すればアクセスすることができます。

2 「設定とプライバシー」をクリック

Twitterを開いたら、画面の右上にあるアイコンをクリックして、「設定とプライバシー」を選びます。

f:id:ashm:20170629105710p:plain

3 「アカウント削除」をクリック

「設定とプライバシー」を開くと、はじめに「ユーザー情報」のページが表示されます。

そのページ下部に「アカウント削除」というボタンがあるのでクリックしましょう。

f:id:ashm:20170629105833p:plain

4 アカウントを削除する

確認画面が表示されるので、内容をよく読んでから下部にあるボタンをクリックして、アカウントを削除します。

f:id:ashm:20170629105919p:plain

アカウントを削除する際の注意点

30日間はデータが残る!

削除下からといってすぐに全データが消えるわけではありません。

アカウントを削除してから30日以内に、現在利用しているメールアドレスとパスワードでログインすると、アカウントが復活します。

ユーザー名やURLを変えるだけなら削除しなくても良い!

ユーザー名やURLを変更したいがために、アカウントを削除する必要はありません。

これらの変更は、Twitterの「設定」から変更することができます。

同じユーザー名やメールアドレスを使いたい場合は、あらかじめ変更しておく

アカウントを削除した後に作成するアカウントで、同じユーザー名やメールアドレスを使いたい場合は、削除の手順を踏む前に設定を変更しておく必要があります。

上記にあるように、30日以内であればアカウントを復活することができます。

日以内に新しいアカウントを作成する場合、以前使っていたアカウントのデータが残っている、つまり「すでに使用されている」状態になっています。

30日以内に新しいアカウントを作成する予定があるのであれば、あらかじめ設定を変更してからアカウント削除を行いましょう。

「削除できない」わけではない!

「スマートフォンでは、アカウントを削除できない」という方もいらっしゃいますが、それはあくまでアプリ上での話です。

スマートフォンからでも、ウェブ版にアクセスすれば削除の手順を踏むことができます。

アカウントを削除したい場合は、今回ご紹介した削除方法と注意点に気をつけておこなってくださいね。