Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

特定のワードがツイートされたことを通知!SocialDogを利用して見込みユーザーをフォローしよう

Twitter社のTwitterユーザー調査 2016によると、中小企業のTwitter アカウントから返信をもらったユーザーのうち83%は好感を抱いたと答えており、メンションを通じて好感を与えることができます。

まずは、キーワード機能を利用してユーザーふるいをかけ、交換を持ってもらった時点でフォローするとフォロー返ししてもらえる可能性が高くなります。

SocialDogのキーワードフォロー機能を使う!

SocialDogのキーワードフォロー機能を使うと、自分がターゲットにしたいユーザー層をカンタンに見つけることができます。

1 SocialDogにログインする

まずはSocialDogにログインしてください。

2 キーワードフォローをクリック

左側の項目から「キーワードフォロー」をクリックします。

f:id:ashm:20170616055819p:plain

 

3 ターゲット層が特定できるようなキーワードを入力

例えば、ラーメンに興味があるユーザーを表示したい場合は、「ラーメン」と入力しましょう。

このとき、地域やラーメンの系統など、細かく限定するとターゲット層をより絞り込むことができます。

f:id:ashm:20170616061014p:plain

3 気になったユーザーをフォローする

気になったユーザーは右側のアイコンをクリックすることでフォローできます。

f:id:ashm:20170616060229p:plain

フィルターを活用してより効率的に!

すでにフォローリクエストを出しているアカウントや、数ヶ月活動のないアカウントは表示しても意味がないですよね。

右側のフィルターで、アカウントの状態によって絞り込みをすることができます。

f:id:ashm:20170616061412p:plain

キーワードモニター機能も便利!

キーワードモニター機能とは、あらかじめ任意のキーワードを設定しておくことで、キーワードを含むツイートを収集し、通知を受け取れる機能のことです。

この機能を利用することで、キーワードをツイートしているユーザーとメンションやDMなどのコミュニケーションをとる機会を逃しません。

1 設定をクリック

左の項目から「設定」をクリックします

f:id:ashm:20170616061821p:plain

2 キーワードモニター設定をクリック

「設定」の下に表示される「キーワードモニター設定」をクリックしてください。

3 「追加と削除」でキーワードを設定

キーワードに設定するものは、店舗名やURL、業種に関するワードなど運営しているアカウントに興味のある人がツイートしそうなキーワードで、できるだけ絞り込みができるようなものが好ましいです。

ここに追加したキーワードを含むツイートが行われると、自動的に受信箱に追加され、「デイリーレポート」としてメール通知を受け取ることができます。このメール通知はオフにもできます。

f:id:ashm:20170616062026p:plain

「キーワード機能」で効率よくユーザーとコミュニケーションを!

 

今回は、カンタンにユーザーを見つけることができるSocialDogの使い方についてご紹介しました。

SocialDogのキーワード機能でターゲット層を定め、より効率的にTwitterの運用しましょう!