Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

「五月病」で増加したTwitter上のワード!1位は「〇〇〇〇」

「五月病」という言葉、皆さんも聞いたことがありますよね。

五月病とは、新入社員や新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことを起因とした精神状態の総称のことです。

今回はTwitter運用支援ツール「SocialDog」を利用し、Twitter上の「五月病」を想起させるワードの増減について調査してみました!

五月に投稿数が増加するワードは?

f:id:ashm:20170606105400p:plain

「つまらない」「行きたくない」

慌ただしい4月を終え、急にやる気がなくなった、無気力感に襲われた……という経験は誰にでもあると思います。

また、新しい環境に馴染めない新入社員や新入生は、期待や想像と違った現実にやるせない気持ちになってしまうのかもしれません。

この二つ、「つまらない」「行きたくない」の増加率は群を抜いています。

「疲れた」「きつい」

こちらも同じく5月に増加しているワードです。

「つまらない」「行きたくない」に比較し、無気力感というよりストレスや疲労感を感じさせる言葉ですね。

このようなワードが上位に上がる理由として、人間関係を構築する上での気疲れも原因の一つではないかと考えられます。

意外と少なかった減少傾向のワード

「やめたい」「眠い」「だるい」

意外にも、この三つのワードに関しては減少傾向が見られました。

「やめたい」という明確な意志よりも、なんとなく「つまらない」「行きたくない」と言おう感情を抱いてしまうのが五月病と呼ばれる精神状態なのかもしれません。

Twitterを分析する「SocialDog」

今回は「SocialDog」を使用してこのような調査を行いました。

このサービスでは、フォロワーの傾向を分析したり、時間帯を指定する予約投稿など、便利な機能をご利用いただけます。

気になった方はぜひご活用ください!