Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

公式アカウントも使ってる!GIFアニメーションの活用事例3つ

 

みなさんは「GIFアニメーション」を知っていますか?

Twitterやネット上で音の出ない動画のようなものを見たことがあると思います。

このように、GIFアニメーションとは、複数枚の画像をパラパラ漫画のようにつなぎ合わせて作られたもののことです。

動画と何が違うの?

「動く」という点では動画と同じですが、GIFアニメーションの方がデータも小さく、ユーザーがクリックしなくても再生することができます。

また、自動的に繰り返し再生させることができるので、後述するように、面白い使用方法を展開する企業もあります。

GIFアニメーションを使うメリット

それでは、公式アカウントがこぞってGIFアニメーションを利用するのは、どうしてでしょうか。

今回は、GIFアニメーションを使うことのメリットについて考えてみました。

多くの情報を一つのアニメーションに集約

紹介したいものが複数ある場合に、一つのメディアにまとめることができるGIFアニメーション。

画像のコラージュもいいですが、GIFアニメーションなら全体像を惜しみなく伝えることができます。

普通の画像より目を引く

動かないただの画像と比較して、GIF画像には動きがあります。

人間はどうしても動きのあるものを見てしまうという習性があります。

公式アカウントがキャンペーンの告知で「動きのあるもの」を用いるのは、ユーザーの目を惹きつけたいからです。

工夫することで表現の幅が広がる

一枚の画像で何かをアピールするより、複数の写真を使用した方が魅力を存分に伝えることができますよね。

それと同じように、複数の写真を使用して作成されたGIFアニメーションも、ユーザーに多くの魅力を伝えることができるのです。

公式アカウントの使用例

LINE MUSIC

 

このように、ユーザーに伝えたいものが複数ある場合は、画像よりGIFアニメーションの方が便利ですね。

このGIFアニメーションには10枚の画像が使われています。

コロコロ変わる画像はつい目で追ってしまいますよね。

マクドナルド

 

マクドナルドが宣伝したいのは、おそらく「マック風さくら餅」だけでしょう。

ただ、一般的なさくら餅の画像も同時に再生することで、アピールしたい商品をより魅力的に見せることができています。

また、関西風と関東風の比較をすることで、ユーザーが思わずもう一度見たくなってしまうようなツイートになっていますね。

本来のさくら餅と並べることで味の再現度を期待させる効果もあります。

いろはす

こちらはGIFを利用してルーレットができるように作られています。

 

 

思わず参加したくなってしまう構成で、いる人の目を引きつけますね!

また、ユーザーのおみくじ結果をリツイートやいいね、コメントなどで残してもらうことができれば、より多数のユーザーに拡散することができます。

最後に

いかがでしたか?

今回は、GIFアニメーションのおすすめポイントと、ユーザーの心をつかむような活用例をご紹介しました。

動画よりも手軽で画像よりも魅力を伝えやすいGIFアニメーション、ぜひ利用してみてくださいね!