読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「cheetah」

見られたくないツイートを伏字に!fusetterを使って快適ツイート

「ドラマの感想をツイートしたいけれど、リアルタイムで見ていない人には迷惑かも……」

と思うことはありませんか?

投稿したツイートはフォロワー全員が見られるので、躊躇してしまいますよね。

今回はそんな時に役立つサービスをご紹介します!

fusetterで「伏字ツイート」

fusetterというサービスを利用すれば、見られたくない部分を伏字にしてツイートすることができます。

伏字部分はユーザーが任意でリンクをクリックすることで確認することができます。

つまり、見たくない人はリンクをクリックしないので「うっかりネタバレを見てしまった」なんてことがなくなるのです。

fusetterの使い方

まず、トップページで連携アプリの認証を行います。

f:id:ashm:20170427103101p:plain

メールアドレスや名前などを登録する必要はありません。

1.ツイート内容を入力します。

f:id:ashm:20170427103228p:plain

 

[]で囲まれた部分が伏字として表示されます。

右下に[]を追加するボタンがあるので、こちらを利用すると変換の手間がかかりません。

2.公開範囲を選択します

伏字の内容を見ることができる範囲を、ある程度限定することができます。

f:id:ashm:20170427103302p:plain

 

3.あとは投稿するだけです

「プレビューしてから投稿する」を選択すると、Twitter上でどのように表示されるのかを確認することができます。

投稿するとこのような感じになります。

f:id:ashm:20170427103431p:plain

 

リンク先では全文を見ることができるようになっています。

どのような時に使う?

fusetterは、ドラマやスポーツの試合結果など、「ネタバレ防止」に使われることが多いようです。

また、トップページでは使い方の例として「待ち合わせ時間や場所の指定」に利用することもできると紹介されています。

公開範囲を特定のユーザーに絞ることができるので、Twitter上で個人的なやりとりを楽しむことができますね。

注意点

@ツイートをすることで、伏字の内容を見ることができるユーザーを限定することはできますが、「このユーザーには見せない」ということはできません。

伏字だからといって、何をツイートしてもいいということではないので、他のユーザーが不快になるような使い方をしないように気をつけましょう。

「トスツイ」という方法もある

サービスではありませんが、fusetter以外にも、「トスツイ」と呼ばれるツイート方法があります。

トスツイとは、宛先を「@tos」にすることでタイムライン上にそのツイートが表示されず、自分のプロフィール画面で「ツイートと返信」を選択することで見ることができる、というTwitterの特性を利用したツイート方法です。

ちなみに@tosは、Twitter では登録できないIDなので、@tosさんに通知されてしまう、ということはありません。

f:id:ashm:20170427103607p:plain

こちらも「ネタバレ防止」や「個人的な感想」など、任意でみてもらいたいようなツイートをする際に利用されています。

fusetterの感想

実際にfusetterを使ってみましたが、時間のかかる登録が不要で、何よりとても使いやすいです。

今回は画像付きで使い方をご紹介しましたが、基本的に画面の指示に従って手順を踏めばカンタンに伏字のツイートを作成することができます。

ドラマの感想などをツイートする際は、ぜひfusetterを使ってみてくださいね。