Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

知らないうちにツイートしてる?!Twitterアカウントが乗っ取られた時の対処法

「もしかしたらTwitterアカウントが乗っ取られているかもしれない」

と不安になったことはありませんか?

身に覚えのないツイートがされていた、リンクが貼られたツイートを勝手にリツイートしていたなど、乗っ取られてしまった経験のある方もいるかもしれません。

今回はアカウントが勝手に操作されてしまった場合の対処方法をご紹介します。

2つのパターンがある

乗っ取り被害には2つのパターンがあります。

一つは、ユーザー名とパスワードを入力してもログインすらできないというパターン、もう一つは、知らない間にツイートをしていたり、他のユーザーをフォローしてしまったりなど、見に覚えのない操作がされているパターンです。

どちらのパターンかによって対処方法が異なります。

自分のパスワードでログインできない

ログインすらできないという場合は、Twitteのヘルプページからパスワードの変更を行ってください。

まずは問題の解決方法をクリックします。

 

f:id:ashm:20170412190226p:plain

次に左側に表示されるアカウントへのアクセスの問題の中から「ログイン」の項目を選択。一番上に表示されるものが、乗っ取りに関する解決方法です。

f:id:ashm:20170412190435p:plain

あとは、説明文にしたがってリンク先でパスワードをリセットするための手順を踏みましょう。

勝手にツイートしている

身に覚えのないツイートがされているような場合は、Twitterアカウントと連携しているアプリのせいかもしれません。

まずは、自分が連携したことのあるアプリを確認しましょう。

Twitterで「設定とプライバシー」を選び、左側の項目から「連携アプリ」をクリックします。

f:id:ashm:20170412191022p:plain

画面には、あなたのアカウントへアクセスすることが許可されているアプリ一覧が表示されます。

その中で原因がありそうなアプリの連携を解除しましょう。

解除したいアプリの右側にある「許可を取り消す」をクリックすれば連携を解除することができます。

この方法は、Twitterのブラウザ版(PC・スマートフォン)で利用することができます。

乗っ取りを防止するには?

むやみにアプリを認証しない

f:id:ashm:20170412191551p:plain

このような画面が出てきた際に、深く考えずにアクセス権を与えてしまう人も少なくありません。

よく見ると下の部分に「許可する項目」が表示されています。

この部分に「ツイートする」という項目があると勝手にツイートされてしまうことがあります。

外部のアプリにアクセス権を渡すということは、自分のアカウントを相手が自由に使うことを許可しているのと同じです。

容易に連携を認証しないよう気をつけることが大切です。

フィッシング詐欺に気をつける

公式サイト以外でTwitterのログイン画面が表示されるような、フィッシング詐欺も横行しています。

ログインするときは、URLが "https://twitter.com"から始まっていて、暗号化を示す鍵のマークが表示されているか確認しましょう。

何も考えずにユーザー名やパスワードを入力するようなことはやめましょう。

早めの対処で周りへの被害を防ぐ

アプリ認証が原因で、リンクのあるツイートをしてしまった場合、そのリンクをクリックしてしまったユーザーも乗っ取りの被害を受けてしまう可能性があります。

被害の拡大を防ぐためにも、上記の方法でアプリの連携を解除することが必要です。

まとめ

今回はTwitterアカウントの乗っ取りについてご説明しました。

アカウントの乗っ取りは他人事ではありません。公式アカウントでさえ被害にあうことがあります。

3年前には、「music station」の公式アカウントが乗っ取り被害に遭い、「Mステ出場禁止歌手一覧」とリンクが貼られたツイートをしましたが、それもアプリの連携が原因でした。

SNSが普及した現代だからこそ、日頃からネット上のプライバシーに目を向けておくことが重要です。