読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「cheetah」

フォロー返ししてる?フォローを返す意味3つ

フォロー管理

あなたは自分のアカウントに新しいフォロワーが増えたとき、どうしていますか?

とりあえずフォローを返す、プロフィール欄を見てから決める、あるいは放置……
人によって対応は様々ですが、今回はフォロー返しをする意味について考えてみましょう。

フォロー返し(相互フォロー)のメリット

1相手に不快な思いをさせない

フォロー返しをすることによって、相手が「フォローしたのにフォローしてくれない!」と思われずに済みます。

2フォロー解除されにくくなる

せっかくフォローしてくれたアカウントに、「フォロー返ししてくれないから」という理由で解除されてしまうのを避けることができます。

3共通の趣味がある人と交流できる

Twitterはいままで会ったことのない世界中の人と繋がることができるサービスです。

フォローしてくれた人と共通点がありそうなら、お互いの情報を共有しあえるチャンスです。
検索機能を使ってアカウントを探してフォローしてくれるユーザーもたくさんいるので、「面識ないけど、この人とは気が合いそうだな」と感じたら迷わずフォローを返しましょう。

フォロー返しのデメリット

タイムラインに興味のないツイートが流れてしまう

興味がないアカウントにフォロー返しをするということは、興味のないツイートがタイムラインに流れてきてしまうということです。

自分が本当に見たいツイートが見づらくて、不便ですよね。

フォロー解除したことを相手に知られたくない

「一旦フォロー返しをしたけれど、やっぱり解除したい」
「でも相手に解除されたって思われたくない」

そんな時に役立つのが「ミュート機能」です。
ミュートにしても、相手には通知されません。

「フォローは外したくないけど、ツイートには興味がない」というアカウントに対して便利な機能です。

フォロー返しのデメリットは解消できる!

今回はフォロー返しの意味について考えてみました。

フォロー返しにはメリットもデメリットもありますが、デメリットに関しては、ミュート機能を使うことである程度軽減することができます。

アカウントの種類や相手によってフォロー返しとミュート機能を工夫して使い分け、より快適にTwitterを使用しましょう!