読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「cheetah」

こんなにあった!Twitterの使える裏ワザまとめ

今回は、知っていると使いたくなるTwitterの便利な裏ワザを紹介します! 

後で見返すツイートを楽に探したい!

「いいね」機能を使えば、あとで見返したいツイートを保存しておけますが、相手に通知される仕組みがあります。

「自分がいいねしたツイートを共有されるのって、ちょっといやだな」と感じるときもあるのではないでしょうか。

それに、後で見ようと思ったお手軽レシピや動画などををかたっぱしから「いいね」しても、見つけ出すのに一苦労……。

そんなときはずばり、見返したいツイートをDMで自分宛に送る!

やり方はかんたんです。送りたいツイートの右上の矢印をクリックして、「ダイレクトメッセージで共有」を選択します。あとは宛先に自分のアカウントを選択するだけ。

f:id:ashm:20170301141856p:plain

これで「いいね」したことが共有されず、あなたのいいね欄もすっきりするはず。 

ツイートを絞り込みたい!

続いてツイートを検索するときに使える裏ワザです。

まず検索窓に検索したいワードを入力します。
そのあとに次の文字を入力すると検索結果を絞り込むことができるんです。

「-rt」

これで特定のワードを含むリツイート以外のツイートが表示されます。

検索結果にリツイートが含まれていると、何回も同じ投稿を目にするようなこともありますが、これを使えば情報収集がしやすくなりますね。

「near:●●」「within:●●」

それぞれ特定のエリアにおいて発信されたツイートを見ることができます。

near:のうしろには地名を入れます。within:の場合は後ろに「●●km」と入力してください。
「km」の代わりに「mi」(マイル)も使用できます。

近所で行われているイベントや催し物の検索に役立つかも。

「filter:links 」

こちらはリンクが添付されたツイートだけが表示されます。

引用されたサイトや動画を探したい!と思ったときに活躍しそうな裏ワザです。

「since:●●」「until:●●」 

それぞれ●●以降のツイート、●●以内のツイートだけを表示してくれます。
●●には日付を「2017-01-01」(2017年1月1日の場合)のように入力すればOK。

「lang:ja」

ツイッターは世界中の人が使っているツールなので、外国語のツイートも結構見かけますよね。
これを入れると日本語のツイートだけを表示できます!

非公開アカウントのツイートが見たい!

続いて「フォローしていない鍵アカウントのツイートがみたい!」という方への裏ワザ。

残念ながらツイート自体を見ることはできません。

しかし、「この人、こういうツイートしてるんじゃないか?」という推測ができる技があるのでご紹介します。

まず非公開アカウントの@で始まるユーザーネームを検索。
すると、他のユーザーからターゲットへのリプライが表示されるんです!

ターゲットが他のユーザーと会話してる場合、ツイートの流れで内容が推測できるかも…
ちょっとストーカーっぽいですけど、気になる人の身辺調査には役立つかもしれません。

フォロー返しのし忘れ、フォロー返しをしてくれないユーザーを知りたい!

この悩みを持っている方は意外と多いかと思います。
相互フォローかそうでないかを調べるには全部手動で行わなければなりません。

自分のフォローしているユーザー一覧からその人のアカウントページを表示して、「あなたをフォローしています」という表記があるかを確認し続けるのは大変ですよね。 

実はCheetahというサービスを使うと、相互フォローの人を一覧で出してくれるんです。

決まった時間帯にツイートできる「予約投稿」などの機能もあるのでTwitterが使いやすくなること間違いなしです!

おわりに

いかがでしたか?

情報収集にもってこいな裏ワザをいろいろご紹介しましたが、便利だと感じていただけたものがあれば、ぜひお友達とシェアしてみてくださいね!