Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitterのフォロワーを増やしたい!かんたんに増やす方法3つ

スマホ利用者が急増した現代において、TwitterをはじめとしたSNSを利用するマーケティングが注目を集めています。

しかし、アカウントを作ったからといって集客や利益に繋がるのかと言えばそうではありません。発信する情報が、多くの人の目に触れ、アカウントの認知度が上がらなければマーケティングの効果は見込めないでしょう。

多くの人に情報を発信するには、アカウントのフォロワーを増やすことが重要です。

「じゃあフォロワーってどうやって増やすの?」
「増やし方なんてわからないんだけど!」

ここではそんなお悩みに対し、Twitterのフォロワーを増やすコツをお教えします!  

①  プロフィール

まずアカウントの設定を見てみましょう。アイコン画像とプロフィール欄は、ユーザーの第一印象を大きく左右します。

アイコン

アイコンの画像は、①印象に残るもの、②自分をアピールできるものにしましょう。
文字が多いタイムライン上ではじめに目につくのはアイコン画像です。

ただ、画面に表示されるアイコンは小さいので、景色や集合写真など、拡大してみないとわからないもの、インパクトに欠けるものは避けるのが無難ですね。

会社のロゴや、配色のはっきりしたスクロールしても目にとめてもらえるような画像をチョイスしましょう! 

プロフィール欄

アイコンをクリックしたときに表示されるのが、プロフィール欄です。
ツイートと違って常に人に見てもらえる部分でもあります。

たくさんアピールしたくなる気持ちもわかりますが、ここでは自社の概要を長すぎない程度にまとめて書いてみましょう。

Twitterの良さはスピード感と手軽さです。

そこに魅力を感じたユーザーが多くいるわけですから、読むのに手間がかかるような内容は好ましくありません。

リンク

プロフィール欄まで閲覧してくれたユーザーには、リンク先で詳しく知ってもらうことにしましょう!

Twitterのプロフィール欄にはブログやホームページなどのリンクを貼り付けることができる機能があります。

プロフィール欄に見てほしいリンクを貼っておけば、気になったユーザーがあなたのホームページを見てくれるはずです。 

②  ツイートに関して 

「中の人」のキャラ設定

一番重要なのが、あなたの発信するツイートの内容です。

あなたがユーザーに伝えたいことと、ユーザーがあなたに求めていることを明確にしておくことが大切です。

また、ツイートをする際に「中の人」のキャラクターを意識すると、一連のツイートに共通性が生まれます。

ツイートに共通性が感じられると人物像に深みが生まれ、ユーザーに親近感を持ってもらうことができます。

企業がTwitterでマーケティングを行う場合、この設定をおろそかにしてしまうと印象的なアカウントにならないだけでなく、ただの宣伝アカウントになってしまうので注意が必要です。

時間帯と頻度に注目

生活スタイルは人それぞれなので、Twitterを見る時間帯には個人差があります。

主婦の方なら平日の昼間に見るかもしれないし、会社員の方はお仕事帰りの電車で見るかもしれないですね。

自分が売り出したい商品・サービスのターゲット層はいつ見ているのか考慮してツイートすることが大切です。

そのような予測を立てる前段階として、様々な時間帯でツイートしてみるのもいいかもしれません。

自分のツイートに興味を持ってくれる人がどの時間帯に多いのかを知ることができれば、効率のいい運用方法が見つかるはずです!

 

ただ、ツイートのし過ぎには注意が必要です。Twitterにはミュート機能(特定のアカウントを非表示にする機能のこと)が存在します。

タイムライン上に頻繁に表示されるアカウントに対してしつこさを感じるユーザーも少なくありません。

ミュート設定にされてツイートを見てもらえなくなってしまっては元も子もないですよね。

最初は様々な時間帯につぶやいてみる、くらいの気持ちで始めるのが良いでしょう。

メディアの活用

画像付きだとよりユーザーの目に留まりやすくなります。

ユーザーには若い層が多いので視覚的に訴えることが効果的だと言えます。
自分がツイートする内容に関連のある画像、動画を使用してテキストに説得力をプラスしましょう。

くれぐれも無断引用には気を付けてくださいね。

③フォローしてもらえる確率がグッと上がるコツ 

①②ではあなたのアカウントがユーザーに見てもらえることを前提として、どうしたらユーザーに好感を持ってもらえるのか、フォローしてもらえるのかを説明してきました。

でも、それって誰の目にも留まらないアカウントではそもそも意味のないことですよね?

①②のテクニックを生かすには、自分のアカウントの存在に気付いてもらうことが必要です。

 

その課題を克服する最も簡単な方法は、「こちらからフォローしに行く」ことです。

 

あなたが誰かをフォローした場合、相手側に「フォローされている」という旨のメッセージが届きます。
自分がどんな人にフォローされたのかって気になりますよね。

相手のユーザーは、ほとんどの確率であなたのアカウントページを開いてくれるでしょう。

これでかなりの高確率でユーザーにアカウントを見てもらえることになります。

 

これは心理学の話になるのですが、人間には相手の好意を受け取った際に、何かお返しをしなければならないという感情を抱いてしまう「返報性の法則」というものがあるそうです。

あなたも何か心当たりがあるのではないでしょうか。
こちらからフォローするとこのような効果も狙うことができます。

 

では、フォローしたら絶対にフォローを返してくれるのか?と言われると断定はできません。

ただ、そのような法則もあるので自分からフォローしに行くというアクションは決して無駄にはならないということは確かです。

☆実際にユーザーをフォローしてみる!

では、どのようなユーザーをフォローすればよいのでしょうか。

Twitterでは一日にフォローできる人数に上限が設けられていて、それを超えるとアカウントが凍結して使うことができなくなってしまう場合があります。

そのことを踏まえて、自分のアカウントをフォローしてくれそうなユーザーをピンポイントでフォローしたいところです。

 

よく知られているのがTwitter内の検索機能を使って、ユーザーを絞り込む方法です。

あなたは東京でラーメン屋さんを営んでいるとします。Twitterでお客さんを呼び込みたいな~と思ったとき、アプリ内で「東京 ラーメン」と検索すると、それらのキーワードが含まれるツイートやユーザーが表示されます。
もしくは同業者のアカウントが表示されるかもしれません。
その場合は、ライバルをフォローしているアカウントに焦点を当ててみてもいいでしょう。
ライバル店をフォローしているということはそのユーザーはラーメンが好きなユーザーということがうかがえますからね。

 

でも、このアクションを手作業でやるのって大変かも…
そうお思いのあなたにイチオシのサービスをご案内します!

SocialDog

SocialDogを活用すれば上で書いた「関心のありそうなユーザー」と「競合をフォローしているユーザー」を簡単にフォローすることができます。

他にもフォロー数フォロワー数のグラフが見れたり、どのようなツイートの反響が大きいのかを分析してくれる機能もついています。

自分の力だけでなく、このようにサービスの力を頼ると効率的でしょう。

 

いかがでしたか?

今回はTwitterのフォロワーを増やす方法をご説明しました。

待っているだけでは何も始まりません。
とにかく、自分からアクションを起こすことを念頭においてTwitterを有効活用しましょう!