Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

過去のツイートをもう一度!セルフリツイートしてインプレッションを増やそう

Twitterには、他のユーザーの投稿を自分のタイムラインに表示することができる「リツイート」の機能があります。

実は、自分のツイートをリツイートすることができる機能が、2016年6月から実装されています。

今回は、自分が過去に行ったツイートをタイムラインに再投稿することができる「セルフリツイート」についてご紹介します!

セルフリツイートのメリット

セルフリツイートをするメリットについて、簡単にご説明します。

ツイートをより多くのユーザーにみてもらえる

Twitterを利用する時間帯って人によって異なりますよね。

そのため、日中のツイートは寝る前にTwitterを見るユーザーには注目されにくかったりします。

ツイートした時間と異なる時間帯にセルフリツイートすることによって、ツイートに目を通してくれるユーザーの幅が広がります。

告知、宣伝を楽にユーザーに知らせることができる

セルフリツイートは、イベントやキャンペーンの告知にも便利な機能です。

「明日が最終日です!」など、引用リツイートを効果的に使うのも良さそうですね。

同じツイートをする必要がなくなるので時間の短縮にもなります。

「自分」を強く印象に残すことができる

セルフリツイートを利用して、あなたの印象を強めることもできます。

過去にしたツイートをセルフリツイートすることで、自分のスタンスや考え方を他のユーザーに印象づけることができます。

ただ、告知や宣伝ほど他のユーザーにプラスになるわけではないので、やりすぎには注意が必要です。

セルフリツイートの仕方

やり方は簡単です。

まずはセルフリツイートしたいツイートを選択します。

次にリツイートのアイコンをクリック。たったこれだけで過去のツイートが再びタイムラインに表示されます。

f:id:ashm:20170412160839p:plain

最後に

いかがでしたか?

今回はセルフリツイートについてご紹介しました。

使い方、使い所は人によって様々ですが、Twitterを運用する上で便利な機能であることは同じです。

セルフリツイート、ぜひ使ってみてくださいね。

スムーズな操作が可能!新サービス「Twitter Lite」がリリース

4月6日、Twitterは新たなサービスをリリースしました。

今回は新サービス「Twitter Lite」についてご紹介します。

動きが軽いTwitter Lite

Twitter Liteはモバイルのブラウザで利用できるサービスです。

不安定なネットワーク環境でもサクサク動くよう、データ通信量を最小限に抑え、読み込み速度も最大30%向上、かつデバイス上の容量も1MB以下になるよう設計されています。

データ節減モード

また、データ節減モードも新たに追加されました。

データ節減モードにより、Twitter上の画像や動画をプレビューで表示し、タップするとユーザーが投稿した元の画像を見ることができます。

この設定により最大70%のデータ量を軽減することができます。

便利なサービスも追加

AndroidのGoogle ChromeからTwitterを利用する場合は、様々なプッシュ通知を受け取れるようになりました。

一時的に接続が切れてしまったときに対応するため、オフラインサポートも搭載。

また、Twitter Liteをホーム画面に追加しておけば、ブラウザで検索してTwitterを開く、といった手間を省くことができ、他のアプリのように楽に起動することができます。

このように、ユーザーが「あると助かる」と心待ちにしていたサービスも、続々追加されています。

このサービスの目的

今回のサービスは、ユーザー数の伸び悩んでいるTwitterが、通信環境が整っていない地域や、古い端末を使用しているユーザーの獲得を狙ったものです。

Twitterではユーザーの視点で様々な改善が行われています。

今後、どのようなサービスが提供されるようになるのか期待できそうですね。

Twitter、デフォルトアイコンをたまごから人のシルエットに変更(既に変更済み)

Twitter社は、3月31日、デフォルトのアイコン(通称:たまごアイコン)のデザインを以下のような中性的なアイコンに変更したと発表しました。

f:id:konisimple:20170401123835p:plain

なぜ変わるの?

Twitter社によると、以下のような理由があるということです。

  • カラフルな卵のアイコンにしていたが、アイコン画像の変更をしない人が多いので、アイコンを変えたくなるようなデザインにしたかった
  • 「かわいいから変えたくない」という人にも、「やっぱりご自分らしさを出してほしいです」
  • ハラスメント目的のアカウントでデフォルトアイコンのままのユーザーが多く、Twitter をはじめたばかりの人と区別がつかない。その結果、ハラスメントユーザーと新規ユーザーが同類に見えてしまう問題を解消したかった

いつ変わるの?

変更は2017年3月31日に実施されました。

もともとデフォルトアイコンだったユーザーについても、変更が反映されています。

ただ、4月1日現在、画像のキャッシュなのか、外部サービスなどでは卵アイコンのままとなっています。こちらも順次新しいアイコンに変わっていく見込みです。

この変更の影響

この変更の影響で、デフォルト状態だとアイコンがかなりつまらないものになってしまうので、Twitter の意図通り、新規登録したユーザーのアイコン変更が進むものと思われます。

また、卵アイコンの画像を一度ダウンロードし、設定することはできるので、戻したい人は、「新しいアイコンとして」卵アイコンにすることはできます。

ハラスメントアカウントの人たちだけアイコンを変えなかった場合は、このグレーの人アイコンは、ただでさえなんとなく怖い印象があるので、このアイコンのままのユーザーはちょっと怖く見えてしまうようになるかもしれません。

これまでのアイコンの変更

Twitterではこれまで5回にわたってデフォルトアイコンを変更してきました。

現在使われているたまごアイコンになったのは4代目の2010年から。2014年からはランダムでカラフルな色になるようになっていました。

デザイン自体の大きな変更は7年ぶりです。この影響でアイコンを設定する人が増えるのか、とても楽しみです。

f:id:konisimple:20170401123853p:plain

デフォルトアイコンの人を探すなら

SocialDogなら、「フィルタ」機能でデフォルトアイコンの人を探すこともできます。

フォロワーが多くても大丈夫。無料で使えます。

公式発表はこちら

blog.twitter.com

 

 

 

「ユーザー名含めない140字」に!Twitterがリプライの仕様を変更 巻き込みリプライ問題解消へ

昨日、Twitter Japan Blogが「返信ツイート時の@ユーザー名は140字に含めない」という仕様変更を発表しました。

今までは返信先のユーザー名が、一つのツイートにおける上限である140字に含まれていました。

今回の変更で、複数のユーザーが関わるツイートへのリプライ方法にも変化が見られたので、写真と共にご説明したいと思います。

リプライ方法

まずはリプライしたいユーザーのアイコンをクリックします。

f:id:ashm:20170331144738p:plain

返信先をクリックすると、「会話に参加中の他のアカウント」にチェックが入っていると思います。

f:id:ashm:20170331145049p:plain

返信先の対象にしないユーザーは、チェックを外すことで除外されます。

f:id:ashm:20170331145423p:plain

他のアカウントを返信先として設定しない場合は「会話に参加中の他のアカウント」のチェックを外すと、はじめに選択した「リプライしたいユーザー」のみにリプライを送信することができます。

変更されたことによるメリット

140字フル活用できる!

今までは、リプライにユーザー名が入ってしまって短文しか送れない、ということがありましたよね。

送信するリプライにユーザー名が含まれなくなったことで、複数のユーザーとの会話も不便さを感じることなく楽しめるようになりました。

ツイートの上限である「140字」をフルに活用することができるようになったのです!

巻き込みリプライ防止につながる

ユーザー名が含まれたツイートに返信する際、ツイートに含まれているユーザーも返信先として設定されます。

そのため、ツイートを発信した本人にのみに返信をしたい場合は、他のユーザー名を消してからリプライを送ることが必要でした。

その作業を忘れてリプライを送信してしまうと、本来返信する必要のないユーザーにまでリプライが送られてしまいます。これを「巻き込みリプライ」言います。

 

今回の変更がで、返信先をチェックボックスで設定することができるようになりました。

今までのように手動でユーザー名を消す必要がなく、簡単に返信先を選ぶことができます。この仕様に慣れれば、「巻き込みリプライ」も少なくなるのではないでしょうか。

Twitterがより快適に!

今回の仕様変更で文字数に対する負担が軽減されそうです。

新しい仕様に慣れてしまえば、楽にリプライを送ることができるようになります。

詳しくはTwitterのヘルプページをご覧ください。

ヘルプページ

フォロワー数が減ってる?!Twitterでフォロー解除されてしまう要因3つ

「フォロワー数を見てみたら、前よりも減ってた……」なんてことありませんか?

誰にフォロー解除されたのかも気になるところですが、「どうしてフォロー解除されたのか」も重要ですよね。

今回は、どうしてフォロー解除されてしまうのか、主な要因と解決策について挙げてみました。

ツイートする頻度が高すぎる

短時間のうちにたくさんツイートするアカウントはフォロー解除されやすいです。

タイムラインに特定のユーザーのツイートばかりが表示されると、他のユーザーのツイートが見づらくなってしまうからです。

また、短時間のうちにするツイートは比較的に内容が薄いものが多い、ということも理由の一つかもしれません。

1ツイートあたり140字という手軽さとスピード感が特徴のTwitterですが、だからこそ頻度には気をつけましょう。

同じ内容を繰り返す(自動投稿)ツイートが多い

毎日似たような内容をツイートしていませんか?

Twitterを宣伝に利用しているような方であれば、PRするためのツイートが多くなっている場合も考えられます。

自動投稿ツイートは便利ですが、プロフィールのページを開いた時に、同じツイートばかり並んでいるようなアカウントはユーザーから「フォローする価値がない」と評価されてしまうことがあります。

毎日ツイートする時間を確保できないようであれば、ツイートのパターンを複数登録して見るなど、フォロワーがツイートに見飽きないような工夫をしてみましょう。

フォロー返しをしなかった

以前、他の記事でも紹介しましたが、フォロー返しをしないとフォロー解除される確率が高くなります。

フォロー返ししてる?フォローを返す意味3つ|Twitterマーケティング情報局

「フォローしているのに、フォロー返ししてくれない」という理由で、フォロー解除してしまうユーザーは少なくありません。

フォロワーが増えたタイミングを逃さないよう、こまめにチェックすることが大切です。

フォロワー数の減少はフォロー解除が原因ではないかも?

もしかしたら、あなたのフォロワー数が減ったのはフォロー解除が原因ではないかもしれません。

Twitterでは、「アカウントの方向性を変えたい」「フォロー、フォロワーを整理したい」という理由でアカウントを新しくするユーザーが少なくありません。

アカウントを削除したユーザーは、他のユーザーのフォロー一覧、フォロワー一覧には表示されません。この場合、数字が減るのは当たり前ですよね。

最近、あなたの周りに「アカウントを変えた」というユーザーがいたら、アカウントの削除が原因かもしれません。

最後に

今回はフォロー解除される要因についてご紹介しました。

どのタイミングでどのユーザーに解除されたのかが気になるという方はSocialDogを利用してみてくださいね。

SocialDogのサービスを利用すれば、フォロー、フォロー解除の履歴が残るのでアカウントの管理が楽にできるようになります。

フォロー解除される時はツイートしている本人にも理由があるはずです。

この機会に、自分のアカウントがフォロワーにどのように見えているのか考え直して、より快適にTwitterを利用しましょう!

これは便利!Twitterの「いいね」を管理できるサービス3選

「この前いいねしたツイートが見たいけど、さかのぼるの大変だな……」

と感じること、ありませんか?

見返したいツイートはとりあえずいいねしているという方も多いかと思います。

実は、いいねしたツイートを管理できるサービスがあったのです!

今回は、その中でも優秀な3つのサービスを実際に使ってみました。

ついクリ!

ついクリ!は、ツイートに「クリップ」や「しおり」をつけることで他のツイートと区別することができるサービスです。

ホーム画面からついクリ!を選び、アカウント認証をします。

画面右側では、タイムライン、自分のツイート一覧、@ツイート一覧、いいね一覧を見ることができます。

f:id:ashm:20170331135222p:plain

まず、後から見返したいツイートにクリップをつけましょう。

クリップをつけるには、赤丸で示したマークをクリックします。

クリップがつけられたツイートは、左側に一覧として表示されます。

この一覧の中でも「しおり」をつけることでツイートをさらに見つけやすくすることができます。

f:id:ashm:20170331135952p:plain

しおりをつけたツイートはこのようにピンク色に表示されます。

特定のツイートを探す際にとても役立つ機能ですよね。

もともとTwitter上で交換取引を行う方のために開発されたツールなので、クリップしたツイートを「クリップブック」として保存することができるなど、分類に特化したツールです。

ついクリ!

favolog

favologを使うと、過去にいいねしたツイートを2,000件〜4,000件さかのぼることができます。

ログインしたら、右上の「管理」をクリックします。

f:id:ashm:20170331140454p:plain

次に、表示された画面上で「全てのお気に入りを取得」を選択。

実際のところ、3,000件取得するには、1分前後かかりました。

f:id:ashm:20170331140652p:plain

取得されたことを確認するには、はじめに選択した「管理」の隣にあるユーザー名をクリックします。

並び順を古→新にするといいねしたツイートの中で一番古いものから順に表示されます。

f:id:ashm:20170331141110p:plain

このサービスではツイートを分類することはできませんが、「古いツイートが見たい!」という方にはおすすめです。

登録にもさほど時間はかからないので、ぜひ試してみてください。

favolog

Likes on Twitter

Likes on TwitterはiPhone、iPad専用のアプリです。

使用できる端末は限られていますが、このアプリは「いいねしたツイートから特定のツイートを見つけ出す」ことができる優れものです。検索ボックスにワードを入れて、そのワードを含むツイートをいいね欄から検索することができます。

f:id:ashm:20170331142822p:plain

箱のアイコンをタップすると、ツイートが「アーカイブ」というタブに分類されます。

さらに、タグをつけてツイートを細かく分類することができます。これはついクリ!と同じですね。

f:id:ashm:20170331142503p:plain

また、favologと同様、いいね欄を古いツイート順から見ることができます。

前項で紹介した2つのサービスの強みを併せ持つアプリです。

無料で利用することができるので、ぜひ一度インストールしてみてください。

最後に

いかがでしたか?

3種類のサービスをご紹介しましたが、それぞれ特化されている部分が異なります。

ツイートを分類したい方はついクリ!、いいね欄をさかのぼりたい方はfavolog、特定のツイートを見つけたい方は Likes on Twitterがおすすめです。

どれも使いやすく、無料で利用することができるサービスなのでぜひ使ってみてくださいね!

 

自分のブログにTwitterのタイムラインを表示させてみよう!

ブログなどに、タイムラインやTwitterボタンが表示されているのを見かけることがありますよね。

このようにサイトやブログに他のサービスの情報を表示させることができるものを「ウィジェット」と呼びます。

今回はこのTwitterの「ウィジェット」をあなたのブログに表示する方法をご紹介します!

ブログにタイムラインを表示するメリット

新しいフォロワーが増えるかも!

ブログにTwitterのタイムラインを表示することで、たまたまあなたのブログを見た人に「このブログの運営者はTwitterもやっている!」と知ってもらうことができます。

もしかしたら新しいフォロワーの獲得に繋がるかもしれません。

あなたのツイートをきちんと確認してもらえる!

すでにTwitterアカウントをフォローしてくれているユーザーも、あなたのツイートが見やすくなります。

ウィジェットを利用すれば、あなたのツイートだけを表示することができるので、タイムラインで他のユーザーのツイートに埋もれてしまう、なんてことがありません。

公式のサービスを実際に使ってみた!

今回はTwitterのWeb版で、実際にウィジェットを利用してみました。

使い方を画像とともにご紹介します!

まず自分のアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を表示します。

f:id:ashm:20170331110502p:plain

次に、画面左側の項目からウィジェットを選び、新規作成をクリックします。

f:id:ashm:20170331110752p:plain

項目が5つ表示されますが、「検索」以外をクリックしましょう。それ以外の4つは全て同じ画面に移動します。

f:id:ashm:20170331111133p:plain

サイトが表示されたら空欄にあなたのTwitterアカウントのURLを入力します。

自分のタイムラインを表示する場合、「A profile」のURLをクリックして、「Twitter Dev」の部分を自分のアカウント名に変えましょう。

f:id:ashm:20170331111507p:plain

完了したら右側の矢印をクリックして次のステップに進みます。

Twitterのタイムラインを表示するには左側をクリックしましょう。

f:id:ashm:20170331111338p:plain

set customization optionsをクリックしてタイムラインのサイズや、背景色、ツイート内のリンクの色、言語を設定することができます。

f:id:ashm:20170331111701p:plain

どのような設定になっているかは下に表示されるタイムラインで確認することができます。

設定が完了したらupdateをクリックして、作成されたリンクを自分のブログに貼り付けましょう。

f:id:ashm:20170331112326p:plain

早速ウィジェットを利用してみよう!

いかがでしたか?

今回はTwitterウィジェトを自分のブログに埋め込む方法をご紹介しました。

同じ手順を踏めば、自分がいいねしたツイートを一覧で表示したり、ブログのページから直接、あなたへリプライを送れるボタンを設置したりすることも可能です。

様々な方法を試してみて、Twitterウィジェットの、用途にあった使い方を見つけてくださいね。