Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

これは便利!Twitterの「いいね」を管理できるサービス3選

「この前いいねしたツイートが見たいけど、さかのぼるの大変だな……」

と感じること、ありませんか?

見返したいツイートはとりあえずいいねしているという方も多いかと思います。

実は、いいねしたツイートを管理できるサービスがあったのです!

今回は、その中でも優秀な3つのサービスを実際に使ってみました。

ついクリ!

ついクリ!は、ツイートに「クリップ」や「しおり」をつけることで他のツイートと区別することができるサービスです。

ホーム画面からついクリ!を選び、アカウント認証をします。

画面右側では、タイムライン、自分のツイート一覧、@ツイート一覧、いいね一覧を見ることができます。

f:id:ashm:20170331135222p:plain

まず、後から見返したいツイートにクリップをつけましょう。

クリップをつけるには、赤丸で示したマークをクリックします。

クリップがつけられたツイートは、左側に一覧として表示されます。

この一覧の中でも「しおり」をつけることでツイートをさらに見つけやすくすることができます。

f:id:ashm:20170331135952p:plain

しおりをつけたツイートはこのようにピンク色に表示されます。

特定のツイートを探す際にとても役立つ機能ですよね。

もともとTwitter上で交換取引を行う方のために開発されたツールなので、クリップしたツイートを「クリップブック」として保存することができるなど、分類に特化したツールです。

ついクリ!

favolog

favologを使うと、過去にいいねしたツイートを2,000件〜4,000件さかのぼることができます。

ログインしたら、右上の「管理」をクリックします。

f:id:ashm:20170331140454p:plain

次に、表示された画面上で「全てのお気に入りを取得」を選択。

実際のところ、3,000件取得するには、1分前後かかりました。

f:id:ashm:20170331140652p:plain

取得されたことを確認するには、はじめに選択した「管理」の隣にあるユーザー名をクリックします。

並び順を古→新にするといいねしたツイートの中で一番古いものから順に表示されます。

f:id:ashm:20170331141110p:plain

このサービスではツイートを分類することはできませんが、「古いツイートが見たい!」という方にはおすすめです。

登録にもさほど時間はかからないので、ぜひ試してみてください。

favolog

Likes on Twitter

Likes on TwitterはiPhone、iPad専用のアプリです。

使用できる端末は限られていますが、このアプリは「いいねしたツイートから特定のツイートを見つけ出す」ことができる優れものです。検索ボックスにワードを入れて、そのワードを含むツイートをいいね欄から検索することができます。

f:id:ashm:20170331142822p:plain

箱のアイコンをタップすると、ツイートが「アーカイブ」というタブに分類されます。

さらに、タグをつけてツイートを細かく分類することができます。これはついクリ!と同じですね。

f:id:ashm:20170331142503p:plain

また、favologと同様、いいね欄を古いツイート順から見ることができます。

前項で紹介した2つのサービスの強みを併せ持つアプリです。

無料で利用することができるので、ぜひ一度インストールしてみてください。

最後に

いかがでしたか?

3種類のサービスをご紹介しましたが、それぞれ特化されている部分が異なります。

ツイートを分類したい方はついクリ!、いいね欄をさかのぼりたい方はfavolog、特定のツイートを見つけたい方は Likes on Twitterがおすすめです。

どれも使いやすく、無料で利用することができるサービスなのでぜひ使ってみてくださいね!

 

自分のブログにTwitterのタイムラインを表示させてみよう!

ブログなどに、タイムラインやTwitterボタンが表示されているのを見かけることがありますよね。

このようにサイトやブログに他のサービスの情報を表示させることができるものを「ウィジェット」と呼びます。

今回はこのTwitterの「ウィジェット」をあなたのブログに表示する方法をご紹介します!

ブログにタイムラインを表示するメリット

新しいフォロワーが増えるかも!

ブログにTwitterのタイムラインを表示することで、たまたまあなたのブログを見た人に「このブログの運営者はTwitterもやっている!」と知ってもらうことができます。

もしかしたら新しいフォロワーの獲得に繋がるかもしれません。

あなたのツイートをきちんと確認してもらえる!

すでにTwitterアカウントをフォローしてくれているユーザーも、あなたのツイートが見やすくなります。

ウィジェットを利用すれば、あなたのツイートだけを表示することができるので、タイムラインで他のユーザーのツイートに埋もれてしまう、なんてことがありません。

公式のサービスを実際に使ってみた!

今回はTwitterのWeb版で、実際にウィジェットを利用してみました。

使い方を画像とともにご紹介します!

まず自分のアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を表示します。

f:id:ashm:20170331110502p:plain

次に、画面左側の項目からウィジェットを選び、新規作成をクリックします。

f:id:ashm:20170331110752p:plain

項目が5つ表示されますが、「検索」以外をクリックしましょう。それ以外の4つは全て同じ画面に移動します。

f:id:ashm:20170331111133p:plain

サイトが表示されたら空欄にあなたのTwitterアカウントのURLを入力します。

自分のタイムラインを表示する場合、「A profile」のURLをクリックして、「Twitter Dev」の部分を自分のアカウント名に変えましょう。

f:id:ashm:20170331111507p:plain

完了したら右側の矢印をクリックして次のステップに進みます。

Twitterのタイムラインを表示するには左側をクリックしましょう。

f:id:ashm:20170331111338p:plain

set customization optionsをクリックしてタイムラインのサイズや、背景色、ツイート内のリンクの色、言語を設定することができます。

f:id:ashm:20170331111701p:plain

どのような設定になっているかは下に表示されるタイムラインで確認することができます。

設定が完了したらupdateをクリックして、作成されたリンクを自分のブログに貼り付けましょう。

f:id:ashm:20170331112326p:plain

早速ウィジェットを利用してみよう!

いかがでしたか?

今回はTwitterウィジェトを自分のブログに埋め込む方法をご紹介しました。

同じ手順を踏めば、自分がいいねしたツイートを一覧で表示したり、ブログのページから直接、あなたへリプライを送れるボタンを設置したりすることも可能です。

様々な方法を試してみて、Twitterウィジェットの、用途にあった使い方を見つけてくださいね。



Twitterアナリティクスを活用して質の高いアカウントに!

Twitterアナリティクスをご存知ですか?

Twitterアナリティクスを使えば、自分のツイートが他のユーザーからどれくらい見られているか、クリックされているか、どのカテゴリの話題が注目されやすいのかを知ることができます。

今回はアカウントへのRTやいいね!、メンションを増やすための、Twitterアナリティクスの使い方についてご紹介します!

周りの反応を見ることができるメリット

Twitterアナリティクスを利用すれば、ツイートごとにクリック数やいいね!数などが表示されるので、どんなツイートが人気だったのかひと目でわかります。

どのようなコンテンツが人気なのかを知ることができれば、アカウントの価値を高めるためにどのようなツイートをすれば良いのかが見えてくるはずです!

Twitterアナリティクスの見方

早速Twitterアナリティクスの見方についてご紹介します。

ホーム画面

ホーム画面ではフォロワー数やツイート数の変動をグラフで確認することができます。

f:id:ashm:20170327143751p:plain

f:id:ashm:20170327143751p:plain

f:id:ashm:20170327143538p:plain

ツイートインプレッションとは、自分が発信したツイートがどれくらいユーザーに見られたかを示す数値です。

@ツイートは自分宛に送られたツイート数を指します。

また、下に表示されるトップツイートは、一定の期間中に最もインプレッション数が多かったツイートのことです。

ツイートアクティビティを表示をクリックすると、そのツイートがどのような形で注目されたのかを知ることができます。

f:id:ashm:20170327143751p:plain

このツイートの場合、エンゲージメント数が多いのは、メディアのクリック数が大きく影響している、と推測されます。

このようにユーザーの心を惹きつけるツイートがどのようなものなのかを一目で確認できるのがTwitterアナリティクスの魅力の一つです。

また、新しいフォロワー数やプロフィールへのアクセス数などのパフォーマンスやトップツイートは過去のもの月ごとに表示されるので簡単に比較が行えます。

ツイート(ツイートアクティビティ)

この項目では、期間中に自分がしたツイートと、インプレッションが表示されます。

f:id:ashm:20170327144235p:plain

インプレッション数はツイートを表示された回数、エンゲージメント数はユーザーが何らかの反応(リツイート、いいねなど)を示した数、エンゲージメント率はインプレッション数をエンゲージメント数で割ったもので、「ツイートを見たユーザーのうち、どれくらいのユーザーが反応してくれたかを示す割合を表しています。

画面右側では一日ごとにどれくらいエンゲージメントを得ているかを表示しています。

f:id:ashm:20170327144758p:plain

オーディエンス

ここでは、あなたをフォローしているユーザーの情報について表示されます。

f:id:ashm:20170327155500p:plain

フォロワーの国籍や地域、男女比を観ることができますが、一番注目すべきは「興味関心」という項目です。

f:id:ashm:20170327155652p:plain

 

あなたのフォロワーがどのコンテンツに興味を持っているのかを知ることができれば、今後どのようなツイートをすれば親近感を持ってもらえるのかが見えてくるでしょう。

イベント

このページでは、Twitter上で言及されているイベントを表示しています。

f:id:ashm:20170327160139p:plain

詳細を見てみると、イベントに興味を持っているユーザー数の割合を性別、年齢、国籍(上位10か国)、ツイートしている端末別でみることができます。

f:id:ashm:20170327160331p:plain

f:id:ashm:20170327160411p:plain

画像の場合、「花開き」は言及しているユーザーは男性の方が多く、年代は18歳から24歳が大半を占めていることが分かります。また、ユーザーのうち98%が日本人であることからお国柄も伺うことができますね。現段階ではパソコンからのツイートが多いようですが、開花時期に屋外で写真つきのツイートをするユーザーが増加すれば、変動があるかもしれません。

また、イベントやスポーツの大会日程、映画の公開日などをあらかじめ表で確認することもできます。

イベント中は、自分のアカウントをユーザーにアピールするチャンス!

トレンドになりやすいカテゴリを把握して、関連するツイートをすれば、フォロワー以外のユーザーにツイートが表示される確率が上がります。

また、イベントに関連するキャンペーンを告知することもできますね。

あらかじめユーザーが注目しそうな話題に目をつけることができれば、Twitterのライブ性を生かしたマーケティングを行うことができるのです!

アカウントの価値を高めよう

いかがでしたか?

TwitterアナリティクスはTwitterにログインするだけで利用することができます。

過去のデータも記録されているので、これからのTwitter運用に役立ててくださいね!



ただのツイートじゃもったいない!ハッシュタグを活用しよう

あなたはハッシュタグを使ったことはありますか?

いつもしている何気ないツイートにハッシュタグをつけるだけで、ユーザーからの反応に違いが生まれるかもしれません。

今回はぜひ使っていただきたい、ハッシュタグについてご紹介します!

ハッシュタグとは?

ハッシュタグ(#)とは、ツイートを分類するためにツイートと同時に投稿する文字列のことです。

他のツイートと違ってこのように青い文字で表示されます。

f:id:ashm:20170324142303p:plain

クリックすると同じハッシュタグがついたツイートをみることができます。

ハッシュタグを活用するメリット

それでは、ハッシュタグにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

話題のツイートを一度にみることができる!

同じハッシュタグがつけられたツイートは、一覧で表示できます。

ツイートの一覧が表示されるということは、自分の興味のあるツイートを一括でみることができるということです。

リアルタイムで放送されているテレビ番組の感想などを閲覧するのも楽しそうですね!

フォローされていないユーザーにもツイートを見てもらえる!

ハッシュタグを通して、フォローされていないユーザーにもツイートを見てもらうことができます。

直接関わりを持っていないユーザーにも自分のアカウントの存在を認識してもらえるので、もしかしたら新たなフォロワー獲得に繋がるかもしれません。

ハッシュタグの付け方

「#〇〇」の前後に半角スペースを入れることで機能します。〇〇にはハッシュタグにしたいワードを入力してください。入力するワードは日本語でもオッケーです。

ツイートした際に青く表示されればうまくいった証拠です。

f:id:ashm:20170324143232p:plain

注意!ハッシュタグも文字数にカウントされる

最近、Instagramでは「単語ではなく文章をハッシュタグにする」ことが流行っています。

確かに、文章の方が個性を出せるので、ユーモアある投稿ができるかもしれません。

しかし、Twitterの字数制限は140字です。

ハッシュタグの存在が目立ってしまいがちなので、ハッシュタグ中心のツイートになってしまわないよう注意しましょう。

ハッシュタグを使ってみよう!

いかがでしたか?

今回はハッシュタグの活用法とメリットについてご紹介しました。

まだハッシュタグを使ったことのないという方は、アプリ版Twitterの投稿欄で「#」のみ入力してみてください。

あなたの興味がありそうなハッシュタグが候補として複数表示されます。

ぜひ参考にして、ツイートしてみてくださいね。

「買う」はルール違反?!フォロワーを買わずに増やす方法

Twitterを使っていると、フォロワー数が気になることがありますよね。

そのようなユーザーを対象に、Twitterアカウントを売っているサイトも存在しますが、公式で許可されているのでしょうか。

「買う」ことでフォロワーを増やすのはルール違反!

実はTwitterアカウントの売買はTwitter ルールで禁止されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

Twitterルール|Twitterヘルプセンター

アカウントの売買は、Twitterアカウントが凍結される原因にもなりうるので、絶対にやめましょう。

買わずに増やす方法とは?

それでは、アカウントの売買をせずにフォロワーを増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は2つの方法をご紹介します。

相互フォロー支援アカウントを利用する

Twitter内で「相互フォロー支援アカウント」を検索しましょう。

相互フォロー支援アカウントとは、相互フォローしたいユーザー同士を結びつける、仲介役のようなアカウントです。

相互フォロー支援アカウントをフォローし、そのフォロワーをひたすらフォローしましょう。

相互フォロー支援アカウントをフォローしているユーザーは、相互フォローでフォロワーを増やしたいと考えているので、あなたにフォローされたことに気がつけばフォロー返しをしてくれるはずです。

即効性があるので、手っ取り早くフォロワーを増やしたいという方にオススメです。

ただ、この方法でフォローしてくれたユーザーはフォロワー数を増やすことが目的なので、あなたのツイートに目を通してくれる確率はかなり低いです。

外部サービスを利用する

外部サービスのSocialDogを利用してフォロワーを増やすこともできます。

SocialDogにはキーワードフォロー機能があります。

f:id:ashm:20170324140346p:plain

このようにワードを入力すると、それに関心のあるユーザーが一覧で表示されます。画像の場合は「ラーメン」をキーワードとして検索してみました。自分のアカウントに興味のありそうなユーザーを見つけることができれば、フォロー返しをしてくれる確率が上がりますよね。

やみくもにフォローするとスパム判定され、凍結の原因にもなってしまうので、自分のアカウントに興味のありそうなユーザーの絞り込んで行いましょう。

SocialDog

数を増やすことがゴール?それとも……

単に「フォロワー数を増やしたい!」という方は、即効性のある相互フォローアカウントを利用してもいいかもしれません。

「数が増えればいいというわけではない、自分のツイートを見てくれるフォロワーを増やしたい!」という場合は断然後者をオススメします。

どちらにも共通して言えるポイントは、「自分からフォローする」ということです。

待っていてもフォロワーは増えません。

積極性を持って、自分に合う方法を実践してみましょう!

Twitter、キーワードミュートがタイムラインでも利用可能に。通報プロセスを変更し、アルゴリズム化も。

Twitter は1日、ミュート機能や違反アカウントへの対応の改善など、4つの新機能を今後数週間かけて段階的に追加すると発表しました。

今回追加されるのは、以下4機能です。

キーワードでのミュートがタイムラインでも

昨年11月に導入された、「通知」タブでキーワードやアカウント名を指定しておくとミュートにする機能が拡張され、タイムラインでもミュートできるようになりました。

11月に導入された際は「タイムラインでは使えないのか」という落胆の声も多かったので、この機能はかなり活用されそうです。

この機能は、単純なキーワードマッチになるので、ツイートにはできるだけミュートされそうな言葉は入れないようしたほうがよさそうです。

ミュートにできる条件が増える

ミュートするツイートを選択する条件も、これまでの「キーワード」だけでなく、「メールアドレスや電話番号認証をされていない」「プロフィール画像がデフォルト(卵アイコン」などが設定できるようになります。

攻撃的な発言をするためだけにアカウントを作るような人を減らす効果がありそうです。

また、ミュート期間を「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選択できるようになりました。

f:id:konisimple:20170302134948p:plain

f:id:konisimple:20170302135002p:plain

攻撃的なツイートをするアカウントの機能制限を導入

これまで、攻撃的なアカウントへの対応は、ユーザーからの報告に頼って判定されていましたが、アルゴリズムによる自動的な判定も行われるようになります。

この判定が行われると、そのアカウントからのツイートはフォロワーのみが見られる(非公開アカウントと同じと思われる)ようになるなど、該当アカウントの機能が一定期間制限されます。

制限される機能について、具体的には発表されていませんが、ツイートの非公開化や、メンションしても通知が行われない、最悪の場合はアカウントの凍結などが考えられます。

これには、@ツイート(メンション)を使わないで攻撃的な内容のツイートを行った場合も含まれます。

Twitter「しばらくは誤判定もありうる」

この判定は自動的に行われるため、Twitter では、「新しい仕組みのため、しばらくの間は間違いが起こる可能性がある」とも発表しています。

「攻撃的な発言」は自動的なアルゴリズムでこの判定にひっかかってしまうおそれがあるので、冗談であっても使わないほうがよさそうです。

通報後のプロセスのオープン化

アカウントやツイートについて、「報告」(運営への違反行為の通報)を行った後の対応は、ユーザーには通知されませんでしたが、今後はTwitter の通知欄から通知されるようになります。

これにより、通報の結果、アカウント削除されたら、「通知」でわかるようになります。

f:id:konisimple:20170302135028p:plain

今後も安心して使える機能に期待

Twitter では、規約違反アカウントの不快なツイートによるサービス体験の低下を防ぐべく、「嫌がらせによるツイートの報告の改善」「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチの提供」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートを見えにくくする」「ブロックやミューとしたアカウントからの通知数の削減」などを実装してきました。

今回の発表でもその方向性が見えていますが、誰でも気軽に簡単に投稿できてしまうサービスゆえ、今後もこういった動きにも期待しています。

 

詳細については、Twitter 公式ブログで発表されています。

安全のための最新の改善点 | Twitter Blogs(日本語)

Our Latest Update on Safety | Twitter Blogs(英語)

効率的なフォロー返しや自動DM機能でTwitterを楽に利用できる「StatusBrew」を使ってみた!

大事だと分かっていても、フォローしてくれたアカウントへのフォロー返しや、フォロー返しをされなかったアカウントへのフォローを外す作業は、結構大変ですよね。

また、フォローのお礼DM・リプライを手作業でやろうと思うと、メッセージの入力、内容の確認、メッセージの送信という手順を繰り返し行わなければならないので、とても大変です。

面倒な作業を自動化できるサービスがあった!

「Twitterの運用をもっと楽に行いたい!」
「効率的にTwitterを使いたい!」

そんなあなたにぴったりなサービスがあるのはご存知ですか?

StatusBrewを利用すれば、フォロー返しやDMの送信を自動で行うことができるのです。

今回は便利なサービスStatusBrewについてご紹介します!

StatusBrewの使い方

フォロー返し

StatusBrewを利用したフォロー返しの仕方を説明します。

まずはStatusBrewにログインし、オーディエンスの画面を表示します。
画面左の項目から「ファン」を選択してください。

すると、「あなたを一方的にフォローしているユーザー」が表示されます。

f:id:ashm:20170301133531p:plain

「フォロー」をクリックすればそのユーザーをフォローすることができます。

また、その隣にある三つの点が縦に並んだアイコンでは、ブロック設定、DMの送信を行うこともできます。

フォロワー数が多いアカウントや、ツイートの頻度が高いアカウントなど、特定の条件を満たすユーザーのみを表示したい場合は、画面右側でフィルターを設定することができます。

f:id:ashm:20170301134053p:plain

画像の場合は「ツイート頻度が少ない」ユーザーで絞り込みました。
この方法については、以下のフォロー解除でも同様です。

フォロー解除

「フォロー返しされていない相手のフォロー解除がしたい!」
という場合に使える方法です。

「フォローバックされていない」という項目を選択すると、「自分が一方的にフォローしているアカウント」が表示されます。

f:id:ashm:20170301134626p:plain

「アンフォロー」をクリックすればそのユーザーをフォロー解除することができます。

フォロー解除を手作業で行うには、逐一相手のプロフィール画面を表示して、フォローされているかどうかを確認する必要があるので、この機能を使えば圧倒的な時間短縮が期待できますね。

自動DMの送信

次に自動DMの送信方法についてご紹介します。

この機能を利用すれば、フォローされたタイミングに、自動でメッセージを送ることができます。

まずは左の項目の「自動化」の中に表示されている「歓迎DM」をクリック。

次に、「ウェルカムDMを使用する」のボックスにチェックを入れます。

あとは、フォローされた際相手のアカウントに送りたいDMの内容を入力して「追加」を押すだけです。

f:id:ashm:20170301135456p:plain

このように一度決まった内容を設定してしまえば、内容の入力や確認を行う必要がなくなるので大幅に手間を省くことができます。

誤字や脱字の心配もなくなるので、とてもおすすめな機能です。

疑問点

自動DMだということは相手にバレないのか?

DMを実際に送信するとこのようになります。

f:id:ashm:20170301135838p:plain

手作業で送信した時と違いはないので、相手からは自動で送信されたことはわかりません。

StatusBewn内でブロックを行うと相手に通知されるのか?

ブロックをした場合は、Twitter内でブロックを行なった時と同じで、ブロックしたことの通知はされません。
しかし、
相手が自分のプロフィールを表示した際、ブロックされている旨が表示されるので、バレてしまいます。

DMを複数追加した場合、どれが相手に送信されるのか?

DMを複数追加した場合、ランダムで送信されます。
誰に送っても差し支えがないような内容で設定しましょう。

SocialDogもオススメ!

フォローされていないユーザーをフォロー解除することができるサービスに、SocialDogがあります。

こちらのサービスは、全ページ日本語対応になっているので、誰でも簡単に使えることが魅力です。

また、自動DMに「via サービス名」がつく等、自動で送信していることが相手に知られることがないのも安心ですね。

フォロー解除する際も、クリックせずにショートカットキーを長押しするだけで、高速でフォロー解除することができます。

SocialDogもぜひご検討ください!

最後に

いかがでしたか?

今回はStatusBrewについてご紹介しました。
このサービスを使えば大幅な時間短縮が期待できます。

効率的にTwitterを運用したい方にとてもオススメなので、ぜひこの機会に活用してみてくださいね!