Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「SocialDog」

Twitterアカウントを一括でフォロー解除する方法

Twitterを使っていると、

「なんだかフォロー数が増えてきた」
「フォローしているアカウントがたくさんあるけど、全部きれいに整理したい」

と思うことがありますよね。

特に、自分がフォローしていてもフォロー返しをしてくれない相手や、活動のないアカウントはフォローを解除したくなるのではないでしょうか。

ブラウザやアプリ内でもフォロー解除は可能ですが、解除したいアカウントを表示してフォローを解除する、という作業はとても時間がかかりますし、そもそもフォロー返しをされていないアカウントを見つけ出すのも大変です。

今回は、そんなあなたにとても便利なサービスをご紹介します!

SocialDogというアカウント管理サービス

SocialDogを利用するには、サイト上でTwitterにログインするだけです。

パソコンだけでなくスマートフォン版もリリースされているので、どこにいても使いやすいところもオススメポイントです!

1日に100件までのフォロー解除であれば無料で使えます。
上限が増える有料版もありますが、フォロー解除に関しては何日かに分けて行えば良いので、基本的には無料で使えると考えてよいでしょう。

SocialDog

SocialDogの使い方

フォロー返し

まずはSocialDogにログインしてください。
フォロー返しをするには、「ファン」をタップします。

f:id:ashm:20170227160020p:plain

「ファン数」とは、「一方的にフォローされているアカウントの数」のことを指します。 

f:id:ashm:20170227160334p:plain 

そのあとは、フォロー返ししたいアカウントを選んで「フォロー返し」をタップすれば完了です。

フォロー解除

フォロー返しされていないアカウントを解除する際は、「ファン」の下に表示されている「フォローされていない」をタップすると、自分はフォローしているけれどフォロー返しをされていないアカウントが表示されます。

この中で解除したいアカウントを選び、「フォロー解除」をタップします。
これでフォロー解除は完了です。

f:id:ashm:20170227161257p:plain

続いて、もう使われていないアカウントなど、更新のない「非アクティブアカウント」をフォロー解除する方法です。

f:id:ashm:20170227163600p:plain 

手順は先ほどと同じです。

最後にツイートされたのがいつなのかも表示されるので、選択の基準にすると良いかもしれませんね。

アカウント管理サービスを活用しましょう!

いかがでしたか。

今回はアカウント管理の手間を省くことができるサービスについてご紹介しました。

今回紹介した機能の他にも、ターゲットを絞ってフォローする機能や自動でDMを送信する機能などもあるので、ぜひ活用してみてください!

SocialDog



Twitterで予約投稿ができるおすすめサービス5選

f:id:hsnmnks:20171020123827j:plain

特定の時間にツイートをしたい、と考えたことはありませんか?

お正月にする「今年もよろしくお願いします」のツイートなど、絶対に逃したくないタイミングでツイートしたい、という場面はかなり多いと思います。
タイムラインの流れが早いTwitterでは、発信するタイミングがとても重要ですよね。

また、Twitterを利用する時間帯は、人によって異なるので、どの時間帯に投稿すればユーザーの目に止まりやすいのかを考慮するために、様々な時間帯でツイートしてみることが有効です。

今回はツイートを予約投稿したい人にオススメなサービスをご紹介します!

予約投稿をTwitter公式で行う

Twitter公式では画像や動画の予約投稿もできます。
「公式が運営している」という安心感が、何よりも魅力的なポイントです。

ただ、広告用サービスへの申し込みをしなければならないので、少し面倒に感じてしまうかも知れません。

予約投稿ツイート

公式以外のサービスを利用する

Buffer

海外サービスなので、タイムゾーンの設定で日本時間に合わせることが必要です。

 

f:id:ashm:20170301152106p:plain

オレンジで囲った部分で、ツイートする曜日、時刻を設定します。

サイト内は全て英語表記なので、英語が苦手な方は慣れるまで不便に感じるかもしれません。

良い点として、画像投稿ができること、ブラウザの拡張機能があることが挙げられます。
Chromeの拡張機能を使用すると、このようにツイッターのアプリ内で予約投稿をするボタンが表示されるようになるのでとても便利です。

f:id:ashm:20170301113306p:plain

Buffer

SocialDog

こちらのサービスは無料で使うことができます。
サイト内は日本語で、広告も出ないので非常に使いやすいのがポイントです。

f:id:ashm:20170301151056p:plain

ただ、動画の予約投稿ができないので、メディアを発信したい方には不向きかもしれません。

最近、ブログやメディアの更新をRSS経由で自動でツイートすることができる新しい機能が追加されました。

この機能を利用すると、手動でツイートする必要がなくなるので、ブログなどを運用している方にもオススメです。

SocialDog

Twit Delay

日本語表記とシンプルなデザインで使いやすい無料サイトです。

f:id:ashm:20170301152725p:plain

 

予約投稿以外の機能はありませんが、登録不要であるため、Twitterと連携するだけですぐ使えることが魅力です。

実際に使ってみても、使いづらいと感じることはありませんでした。

画像や動画の投稿はできません。

とにかく「登録なしで早く使いたい!」という方にオススメです。

Twit Delay

 

つぶやきデスク

企業向けに作られたサービスで、実際に有名な企業での導入事例もあります。
日本製なので使いやすく、料金設定がシンプルであることがが決め手のようです。

予約投稿のパターンも豊富です。

f:id:ashm:20170301153529p:plain

予約投稿は無料で行うことができますが、画像や動画を投稿する場合には有料になります。

他のサイトに比べると文字が小さく、少し見づらく感じるかもしれません。

つぶやきデスク

まとめ

いかがでしたか?

予約投稿をすることで、より効率的にTwitterを運用することができます。

サービスによって特徴があるので、あなたの用途にあったものを選び、この機会に予約投稿の機能を使ってみてくださいね!

 

フォロー解除をしたユーザーが分かる!おすすめサービス3選

自分のフォロワー数を見てみたら少し減っていた、ということはありませんか?
そんな時、誰にフォロー解除されたのか気になってしまいますよね。

でも、フォロー解除した人を手動で探すのはとても大変ですし、フォロワーが多ければ多いほど手間がかかってしまいます。

誰に解除されたかだけでなく、どのタイミングで解除されたのかも知りたいと感じている方も多いでしょう。

Twitterでフォロー解除をされた時に、通知してくれる機能はあるのでしょうか。

Twitterには「フォロー解除」を通知する機能はない!

残念ながら、Twitterにはフォロー解除を通知してくれる機能はありません。

「でも、誰に解除されたのか知りたい!」

そんなあなたのために、今回は誰にフォロー解除されたのかが分かる、便利なサービスをご紹介します!

外部サービスを活用する

人事ったー

このサービスはパソコンでもスマートフォンでも使えます。

フォローしてくれた人、フォロー解除された人、自分がツイートした内容を一日ごとに見ることができるので、「このツイートが原因でフォロー解除されてしまったのかもしれない」という予測が立てられます。 

人事ったー

SocialDog

アプリではなく、パソコン、スマートフォンで使えます。

このサービスでは、フォロー解除された際にメールで通知を受け取ることができます。

また、設定画面から、「ブラウザ通知設定」を有効にすれば、フォローを解除された際にプッシュ通知で受け取ることも可能です(PC, Android の Chrome/Firefox のみ)。

すでにフォロー解除されているユーザーを一覧として表示して、ユーザーを一括でフォロー解除できるところがポイントです。

フォロワーの推移がグラフで表示され、どのタイミングでフォロー解除をされたかも記録に残るので、毎日開く必要はありません。

SocialDog

フォローチェック

iPhone/Android アプリなので、アプリのインストールが必要です。
パソコンからは利用できないサービスなのでご注意ください。

フォローされた人数とフォロー解除された人数をグラフ化してくれます。

ただ、こちらは通知を受けとることができないので、気になった時にアプリを開き確認する必要があります。

また、どのページにおいても画面下に広告が表示されるので、見づらいと感じる方も多いかもしれません。

フォローチェックforTwitter  (iPhone)

 

フォローチェックforTwitter  (Andoroid)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フォロー解除されたユーザーと、そのタイミングで通知してくれるサービスについてご紹介しました。

紹介した機能は全て無料です。

サービスによって特徴があるので、あなたにぴったりなサービスを見つけて活用してみてくださいね!






どうやって使うの?Twitterで使えるショートカットキーについて知りたい!

パソコンを使い慣れてる方は、ショートカットキーをご存知ですよね。
実は、Twitterのブラウザで使えるショートカットキーがあるんです。

ショートカットキーを使えばキーボードだけでタイムラインを閲覧できたり、いいねやリツイートもスイスイできるようになります。

今回は知っているとパソコンでのTwitterが楽に使いこなせる、便利なショートカットキーをご紹介します!

基本編

ツイート選択&移動

「j」で下のツイート、「k」で上のツイートに一つずつ移動します。
水色の線でツイートが囲まれているのは、そのツイートを選択している状態です。

f:id:ashm:20170301120507p:plain

いいね&リツイート

ツイートを選択した状態で「l」を入力すると「いいね」、「t」を入力するとリツイートができます。

リプライ

ツイートを選択した状態で「r」を入力すると、ユーザーにリプライを送ることができます。

ミュート

ツイートを選択した状態で「u」を押すと、相手のツイートをミュートに設定することができます。

ブロック

ツイートを選択した状態で「b」を押すと、相手をブロックすることができます。
そのあと表示される確認画面でenterキーを押せば完了です。

ツイートの詳細

ツイートを選択した状態でenterキーを押すと、選択したツイートの詳細を見ることができます。

タイムラインの更新

ピリオド(.)を入力することでタイムラインを更新することができます。

検索      

スラッシュ(/)を入力すると、右上に表示されている検索ボックスにカーソルが移動します。

その後すぐにキーワード入力ができるので、とても便利です。

応用編

ここから紹介するショートカットキーは、二つのキーを使用します。
キーを同時に押すのはもちろん、順番に入力してもショートカットが可能です。

ホーム画面へ移動

「g」と「h」を同時に入力すると、ホーム画面に移動することができます。

自分のプロフィール画面に移動

「g」と「p」を同時に入力すると、自分のプロフィール画面を表示することができます。

これは、他のユーザーのツイートを選択したままでも使用することが可能です。

他のユーザーのプロフィール画面に移動

「g」と「u」を同時に入力すると、ユーザー名を検索してそのユーザーのプロフィール画面を表示することができます。

フォロー一覧からユーザーを探して画面を表示する手間がかからなくなります。

自分のいいね欄に移動

「g」と「l」を同時に入力すると、自分がいいねをしたツイート欄に移動します。

ダイレクトメッセージの画面に移動

「g」と「m」を同時に入力すると、ダイレクトメッセージ一覧が表示されます。

自分宛のリプライ一覧に移動

「g」と「r」を同時に入力すると、自分宛のリプライ一覧を表示することができます。

通知欄に移動

「g」と「n」を同時に入力すると、通知一覧を表示することができます。

モーメントのページに移動

「g」と「o」を同時に入力すると、モーメントを表示することができます。
モーメントでは、ニュースや人気のあるツイートなどを見ることができます。

リスト画面に移動

「g」と「i」を同時に入力すると、自分が作成したリストを表示することができます。

設定画面に移動

「g」と「s」を同時に入力すると、設定画面を表示することができます。

ショートカットキーでTwitterを便利に使ってみましょう!

今回はTwitter内で使えるショートカットキーについてご紹介しました。

覚えるのは大変そうですが、「いいね」を表すのはlikeの「l」、「ホーム」を表すのは頭文字の「h」など、パターンが決まっているものも多いので、使いこなすのに時間はかからないと思います。

「ショートカットキーが思い出せない!」という場合はTwitter内で「?」を入力してみてください。

今回ここでご紹介したショートカットキーをはじめ、Twitterで使えるショートカットキーのメニューが表示されます。


これを機にショートカットキーをマスターして、パソコンでのTwitterを快適に使用してみてくださいね。

Twitterで相互フォローしているアカウントを簡単に確認する方法!

 Twitterを使っていると、フォロー数とフォロワー数の差が気になったりしますよね。

「フォロー解除されたのかな?」
「フォロー返しを忘れているかもしれない」
と思ってしまうこともあります。

今回は、自分と相互フォローになっているアカウントを簡単に確認できる方法をご紹介します!

相互フォローとは

相互フォローとは、自分がフォローしているアカウントも自分のことをフォローしてくれているという状態、つまり「お互いにフォローしあっている」ということを指します。

発信した情報を共有しあえる状態になります。このような関係が一番望ましいと言えるでしょう。

相互フォローではないアカウント

自分が相手のアカウントをフォローしていても、相手にフォローしてもらえていない「片思い状態」においては、自分が発信した情報が相手の元に届くことはありません。

相手にアプローチすることができないので、顧客獲得を狙ってTwitterを運用している方にとっては、「片思い状態」のアカウントをフォローし続けることはあまり意味がないことかもしれません。

 逆に、相手にフォローされているのにフォロー返しをしていない「片思われ状態」が続くと、相手にフォロー解除をされやすくなってしまうので注意が必要です。

相互フォローかどうか簡単に調べる方法

ここまで読んでみて、

「相互フォローかどうか確認したい!」
と思った方もいるのではないでしょうか。

ただ、それを手作業で行うとなると、時間がかかってしまいます。

そんな方にオススメしたいのがSocialDogというTwitterアカウント管理サービスです。

SocialDog

このサービスを利用すれば、フォローしてくれたアカウント、フォロー返しをしてくれないアカウントを一覧で表示することができます。

また、その一覧からフォロー返しやフォロー解除をしてしまうことも可能!

f:id:ashm:20170301145535p:plain

画像は「一方的にフォローされているアカウント」の一覧です。
「フォロー」をクリックするとフォロー返しができます。

 通常であれば手動でしなければいけない操作が、全部自動でできてしまうのはとても便利ですよね。

フォロー解除を1日100回以上行わない場合は、どなたにでも無料でご利用いただけます。

ぜひこの機会にSocialDogを利用して、フォロー整理をしてみてくださいね!



フォロー返ししてる?フォローを返す意味3つ

あなたは自分のアカウントに新しいフォロワーが増えたとき、どうしていますか?

とりあえずフォローを返す、プロフィール欄を見てから決める、あるいは放置……
人によって対応は様々ですが、今回はフォロー返しをする意味について考えてみましょう。

フォロー返し(相互フォロー)のメリット

1相手に不快な思いをさせない

フォロー返しをすることによって、相手が「フォローしたのにフォローしてくれない!」と思われずに済みます。

2フォロー解除されにくくなる

せっかくフォローしてくれたアカウントに、「フォロー返ししてくれないから」という理由で解除されてしまうのを避けることができます。

3共通の趣味がある人と交流できる

Twitterはいままで会ったことのない世界中の人と繋がることができるサービスです。

フォローしてくれた人と共通点がありそうなら、お互いの情報を共有しあえるチャンスです。
検索機能を使ってアカウントを探してフォローしてくれるユーザーもたくさんいるので、「面識ないけど、この人とは気が合いそうだな」と感じたら迷わずフォローを返しましょう。

フォロー返しのデメリット

タイムラインに興味のないツイートが流れてしまう

興味がないアカウントにフォロー返しをするということは、興味のないツイートがタイムラインに流れてきてしまうということです。

自分が本当に見たいツイートが見づらくて、不便ですよね。

フォロー解除したことを相手に知られたくない

「一旦フォロー返しをしたけれど、やっぱり解除したい」
「でも相手に解除されたって思われたくない」

そんな時に役立つのが「ミュート機能」です。
ミュートにしても、相手には通知されません。

「フォローは外したくないけど、ツイートには興味がない」というアカウントに対して便利な機能です。

フォロー返しのデメリットは解消できる!

今回はフォロー返しの意味について考えてみました。

フォロー返しにはメリットもデメリットもありますが、デメリットに関しては、ミュート機能を使うことである程度軽減することができます。

アカウントの種類や相手によってフォロー返しとミュート機能を工夫して使い分け、より快適にTwitterを使用しましょう!

 

相互フォローアカウントを使ってフォロワーを増やしてみる!

Twitterを使っていると、他のアカウントに比べてフォロワー数が少ないことが気になったりしますよね。

「せっかくTwitterを始めたのに、フォロワー数が少なくてさみしく見えてしまう」
「人気がないみたいに思われてしまいそう」
と悩んでいる方も多いかと思います。

今回は「相互フォローアカウント」を利用してフォロワーを増やす方法を紹介します!

相互フォローアカウントって?

相互フォローアカウントとは、簡単に言うと「フォローしてくれたらフォロー返しします!」と明言しているアカウントのことを指します。

つまり、相互フォローアカウントをフォローすれば自分のフォロワーも確実に増えるということです。

このアカウントを利用すれば、簡単な手順でフォロワー数を増やすことができます。

実際に使ってみる!

それでは、実際に相互フォローアカウントを使ってフォロワーを増やしてみましょう。

手順は次の通りです。
1.Twitterで「相互フォロー」と検索する
2.表示された相互フォローアカウントをフォローしていく

たったこれだけです。あとは相手がフォロー返ししてくれるのを待つのみ。

ただ、数日経っても相手がフォロー返ししてくれない場合は、フォローしていても意味がないのでフォローを解除しましょう。

この手順をひたすら繰り返せば、劇的にフォロワーを増やすことも可能です!

相互フォローアカウントを利用してフォロワーを獲得するメリット

とにかく楽!

フォロワーを増やしたいと思った時、通常であれば「自分のアカウントを魅力的なものにする」という部分から始まります。

この方法だと時間がかかってしまいますし、すぐに効果を感じることができません。

しかし、相互フォローアカウントを使えば短時間でフォロワーを増やすことができます。

検索して、フォローして、あとは待つです。
これなら確実に、短時間で多くのフォロワーをゲットできます。

フォロワー数が増えて、人気があるようにみえる

フォロワーの多いアカウントを見たとき、どう感じるでしょうか。

「こんなにフォロワーがいるってことは、面白いツイートをしてるんじゃないか?」「人気のある人がツイートしてるのかな」
と、ついそのアカウントを人気のある、価値が高いものだと感じますよね。

このように、自分のアカウントに人気があるように見えることが、フォロワーを増やすことのメリットになります。

相互フォローアカウントを利用してフォロワーを獲得するデメリット

では逆に相互フォローアカウントを利用することのデメリットはどんなものがあるでしょうか?

ツイートを見てもらえるわけではない

まず第一に「相互フォローアカウント」のフォロワーが増えても、大抵は自分のツイートを見てもらえないことが挙げられます。

フォローしてくれた人を無差別にフォロー返ししてくれるアカウントは、たいていの場合フォロワー数かせぎが目的なので、タイムラインを見ていないからです。

そのため、相互フォローアカウントで増えたフォロワーは集客には貢献しません。

フォロー数の上限に近づいてしまう

1つのアカウントがフォローできる人数には上限があります。

5000人以上をフォローするには一定のフォロワー数が必要なので、その数にフォロワーが達するまでフォローができなくなってしまいます。

詳しくはTwitterの公式サイトを参照してみてください。 

フォローのルールと成功事例|Twitterヘルプセンター

サービスをうまく活用する

この手順であれば短時間でフォロワーが増えることは間違いありません。

ただ、フォローして、フォロー返しのないアカウントのフォロー解除をして……
という作業を繰り返すのは大変ですよね。

この作業をSocialDogというサービスに任せてしまうのも一つの手です。

このサービスのキーワードフォロー機能を使うことで「相互フォロー」と書いてあるユーザーを一括でフォローすることができ、手間を大きく省けます。 

f:id:ashm:20170301144301p:plain

また、SocialDogには、フォロー返ししてくれない人を一括で解除してくれる機能もあります。

逆に、自分をフォローしてくれた人にフォロー返しする機能もあるので、「この人フォロー返ししてくれないから解除しよう」となるパターンを避けることもできます。

SocialDog

最後に

今回は相互フォローアカウントによるフォロワー数の増やし方についてご紹介しました。

「とりあえず、フォロワー数を増やしたい!」と思ってる方にはもってこいな方法なので、ぜひ活用してみてください。

知らなかった!気をつけなきゃいけないTwitterのルール4つ

 Twitter をよく使っている人でも、公式ルールについて知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

しかし、ルールを破るとアカウントが凍結されることも……

 

今回は、凍結されてしまうありがちな原因を、Twitterのルールとともにご紹介します。
どうして凍結してしまったのか分からないという場合は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

凍結ってなに?

Twitter では、ルール違反や迷惑行為をすると、アカウントが「凍結」されてしまいます。

アカウントが凍結してしまうと、フォロー数もフォロワー数も0になり、新しいツイートもできなくなってしまいます。

Twitterルールって?

Twitter では、利用にあたってのルールがあり、「Twitter ルール」といいます。

Twitter ルールは以下のページで見られますが、量が多いので、よくあるものについてまとめました。

Twitterルール|Twitterヘルプセンター

1.なりすまし・誤解を生むようなアカウント

特定の会社や個人に勘違いされるようなアイコンやアカウント名を使っていませんか?

本人に悪意がなかったとしても、第三者に勘違いされてしまうようなアカウントはルール違反です。

Twitterが認証済みのアカウントにはユーザー名のとなりに水色のチェックマーク(認証バッジ)が表示されますが、これを不当に使用することも禁止されています。

認証済みアカウントでないとしても、なりすましを行うと凍結の対象になってしまうのでご注意ください。

2.アカウントやフォロー、いいねなどの売買

アカウントの買取、売買用アカウントの作成も禁止されています。

フォロワー購入ができるサイトも存在しますが、Twitter のルールに準拠していないものなので使わないようにしましょう。

また Twitter のエンゲージメントを購入することもルール違反です。

エンゲージメントとはツイートに対する「いいね」やリツイートのことを指します。エンゲージメントが増えるとみかけの認知度は上がりますが、売買行為を通して得ることは避けてくださいね。

3.他人を傷つけるアクション

Twitterは自由な意見を尊重し、「表現の自由」を確保しています。

しかし、全ユーザーが安心して自分の信念や意見を発信するために、ツイート内容に関して禁止項目を設けています。

 

○脅迫行為

暴力的な行為をするという予告、テロ行為を助長すると判断される行為

○ヘイト行為

人種や出身地、性別、年齢、宗教など特定の層を攻撃するような行為

 

このようなツイートやメッセージを発信するとアカウントが凍結してしまいます。

「そんなつもりじゃなかった」のに、該当する一定の層から見ると批判的に見えてしまうこともありますので、特にヘイト行為には気をつけましょう。

4.迷惑行為の多いアカウント

短時間に大量のフォローやフォロー解除を行うことも、禁止事項に含まれています。

凍結される原因の中でも、これがダントツで多いです。フォロー返しを狙って多くのユーザーをフォローしていたらアカウントが使えなくなってしまった、ということが多いようですね。

 

実は、フォローできるユーザーは「1日に1000人まで」という上限が設けられています。

フォローする作業は単調なので、思ったより多くのユーザーをフォローしていたなんてこともありますよね。

上限を超えると運営側に「迷惑行為」とみなされてしまうので注意してください。

また、リンクばかりのツイートも迷惑行為とみなされます。

明らかに利益目的だと思われるような使用方法はお勧めできません。

このような行為を繰り返し、ユーザーからのスパム報告やブロックが増加した場合も凍結されてしまいます。

 

詳細は、Twitter のヘルプセンターをご覧ください。

Twitterリミット (API、ツイート投稿、およびフォロー) | Twitterヘルプセンター 

まとめ

ここまでTwitterでの禁止事項についてご紹介しました。

Twitterは「自分を発信するためのサービス」なので、どうしても自分本位のアクションを取ってしまいがちです。

どの項目にも共通して言えるのは、相手の気持ちを考えた言動を心がけること。
かんたんに自分を表現できるサービスだからこそ、思いやりの気持ちをもって使用することが大切です。

 

Twitter ルールについて知らなかった方も、ぜひこの記事を参考にして快適なTwitterライフを送ってくださいね!