読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter マーケティング情報局

Twitter や関連サービスの最新情報をお伝えします。 by Twitter アカウント管理ツール「cheetah」

見られたくないツイートを伏字に!fusetterを使って快適ツイート

「ドラマの感想をツイートしたいけれど、リアルタイムで見ていない人には迷惑かも……」

と思うことはありませんか?

投稿したツイートはフォロワー全員が見られるので、躊躇してしまいますよね。

今回はそんな時に役立つサービスをご紹介します!

fusetterで「伏字ツイート」

fusetterというサービスを利用すれば、見られたくない部分を伏字にしてツイートすることができます。

伏字部分はユーザーが任意でリンクをクリックすることで確認することができます。

つまり、見たくない人はリンクをクリックしないので「うっかりネタバレを見てしまった」なんてことがなくなるのです。

fusetterの使い方

まず、トップページで連携アプリの認証を行います。

f:id:ashm:20170427103101p:plain

メールアドレスや名前などを登録する必要はありません。

1.ツイート内容を入力します。

f:id:ashm:20170427103228p:plain

 

[]で囲まれた部分が伏字として表示されます。

右下に[]を追加するボタンがあるので、こちらを利用すると変換の手間がかかりません。

2.公開範囲を選択します

伏字の内容を見ることができる範囲を、ある程度限定することができます。

f:id:ashm:20170427103302p:plain

 

3.あとは投稿するだけです

「プレビューしてから投稿する」を選択すると、Twitter上でどのように表示されるのかを確認することができます。

投稿するとこのような感じになります。

f:id:ashm:20170427103431p:plain

 

リンク先では全文を見ることができるようになっています。

どのような時に使う?

fusetterは、ドラマやスポーツの試合結果など、「ネタバレ防止」に使われることが多いようです。

また、トップページでは使い方の例として「待ち合わせ時間や場所の指定」に利用することもできると紹介されています。

公開範囲を特定のユーザーに絞ることができるので、Twitter上で個人的なやりとりを楽しむことができますね。

注意点

@ツイートをすることで、伏字の内容を見ることができるユーザーを限定することはできますが、「このユーザーには見せない」ということはできません。

伏字だからといって、何をツイートしてもいいということではないので、他のユーザーが不快になるような使い方をしないように気をつけましょう。

「トスツイ」という方法もある

サービスではありませんが、fusetter以外にも、「トスツイ」と呼ばれるツイート方法があります。

トスツイとは、宛先を「@tos」にすることでタイムライン上にそのツイートが表示されず、自分のプロフィール画面で「ツイートと返信」を選択することで見ることができる、というTwitterの特性を利用したツイート方法です。

ちなみに@tosは、Twitter では登録できないIDなので、@tosさんに通知されてしまう、ということはありません。

f:id:ashm:20170427103607p:plain

こちらも「ネタバレ防止」や「個人的な感想」など、任意でみてもらいたいようなツイートをする際に利用されています。

fusetterの感想

実際にfusetterを使ってみましたが、時間のかかる登録が不要で、何よりとても使いやすいです。

今回は画像付きで使い方をご紹介しましたが、基本的に画面の指示に従って手順を踏めばカンタンに伏字のツイートを作成することができます。

ドラマの感想などをツイートする際は、ぜひfusetterを使ってみてくださいね。

 

Twitterのリツイートやいいねがライブカウンター方式に?

ANDROID POLICEによると、Twitterに新機能が実装されるかもしれないそうです。

いいね、リツイートをリアルタイムで反映する!

新機能は、いいねやリツイートの数値をリアルタイムで反映するもの。

現在はまだテスト段階ということですが、実装されたらいいねやリツイートの動きが目に見えてわかるので、とても面白そうですね。

流れが早いTwitter特有の「スピード感」「臨場感」が形になったとも言えます。

一方で、「タイムラインが見づらくなる」という意見も

「数値の動きが可視化されるのは臨場感がある」という意見がある一方で、「タイムラインが見づらくなるのではないか」という意見もあります。

人間はどうしても、動いているものを目で追ってしまうので、タイムライン上でカウンターが動くと、自分が追いたいツイートに集中できなくなってしまうのではないかという懸念もあります。

実装はいつ頃?

現在テストが行われているのは、公式アプリのベータ版のユーザーのみです。

実際に新機能として公開されるのは未定となっています。

 

Twitterで連携したアプリを解除する方法

Twitterを利用していて、このような画面を見たことはありませんか?

f:id:ashm:20170412191551p:plain

 

あまり深く考えずに認証してしまう人が多いかもしれませんが、実はアプリの認証をするということはリスクを伴う可能性があるのです。

アプリ認証=他のユーザーにアカウントの権限を与える

認証確認画面が出た時に、アプリ認証をすると「自分のアカウントとしてリツイートしたりフォローしたりできるようにすること」を承諾する形になります。

アプリによっては、あなたのアカウントを悪用するかもしれません。

確認をせずに認証するのは避けるようにしましょう。

アカウントを貸す状態になると何が起こるか

認証確認画面の下側に、「このアプリケーションは次のことができます」という表示があります。

f:id:ashm:20170424225817p:plain

認証した場合、この部分に表示されている項目が、アプリに実行されることがあります。

最近、「覚えのないツイートがされるようになった」という話をよく聞きますが、許可する項目に「ツイートする」が含まれている可能性が高いです。

「次のことはできません。」に表示されている項目は実行されることはありません。

アプリ連携を解除したい!

ここまで読んで、アプリを解除したいと感じた方もいるかもしれません。

今回は一度連携したアプリの連携を解除する方法をご紹介します。

ブラウザから解除する方法

以前投稿した記事では、パソコンのブラウザから実際に手順を踏んで連携を解除しました。スマートフォンのブラウザ版からであれば、同じ手順でアプリ解除をしていただくことが可能です。こちらを参考にしてください。

ブラウザが開かない!

Androidの場合、ブラウザで開こうとしても、自動的にアプリ版で開いてしまうことがあるようです。

その場合はAndroidの設定変更をしましょう。

まずは設定画面からアプリケーション管理を選択。

次にTwitterをクリックして「標準アプリとして設定」を一度解除してください。

これでブラウザ版にアクセスすることができます。

むやみに連携するのはやめましょう

今回は「アプリの連携」がどのようなものなのかご紹介しました。

アプリの中にはパスワードを盗むような悪質なものもあります。

タップひとつで様々なサービスを利用できて便利ではありますが、むやみに連携するのは危険です。

連携することでどのようなアクションを許可することになるのか、確認してから連携を認証しましょう。

Twitterで話題に!人気のある4つの公式アカウント、共通点は?

イベントや行事に合わせて、公式アカウントが面白いツイートをしているのを見かけたことはありませんか?

今回はそのような一部のツイートと、それらに存在する共通点について考えてみました。

ポッキー&プリッツの日

11月11日はポッキー&プリッツの日ですが、ポッキーとパッケージの配色が似ているという理由で「薬用せっけんミューズ」の公式アカウントが面白いツイートをしていました。

f:id:ashm:20170421162223p:plain

このツイートは5万リツイートを超え、多くのユーザーに拡散されました。

アカウントは残っているものの、残念ながらTwitter運用は終了してしまったようです。

f:id:ashm:20170421162442p:plain

シャープとタニタの公式アカウント

シャープとタニタは普段からよくTwitte上でやりとりしており、その仲の良さが漫画化されるほど。

今年のエイプリールフールには、昨年大ヒットした映画の再現をツイートしています。

f:id:ashm:20170421163607p:plain

f:id:ashm:20170421163629p:plain

人気キャラクターの公式アカウント

リラックマの公式アカウントが、「〇〇の日」に乗じてツイートしていることもあります。

f:id:ashm:20170421164108p:plain

中にはお正月やクリスマスなどの一般的な行事だけでなく、「こんな日もあるんだ!」と思わせるようなものも。

タイムラインに表示される可愛らしいイラストに癒されます。

f:id:ashm:20170421163919p:plain

マーケティングのためにアカウントを運用する場合

人気のある企業アカウントは、ただ宣伝をするためのツイートではなく、ユーモアのあるツイートが多いですよね。

これらのツイートにはどのような共通点があるのでしょうか。

直接的な「宣伝」は行わない

冒頭で紹介したように、これらのアカウントは「自社の宣伝」を積極的に行なっているわけではありません。

あからさまな「宣伝」をすると、ユーザーは「買わされるのではないか」と不信感、不快感を抱くようになります。

SNSはチラシのような一方通行な広告媒体ではないので、他者とのコミュニケーションが取れる、SNSならではの運用が求められています。

広告より交流を見せる

各企業では、SNS本来の特徴を生かした「交流」をテーマに掲げることで自社のアピールを図っています。

利益を重視するのではなく、ユーザーが思わず反応したくなるようなツイートが多く見受けられるようになりました。

「商品」の認知度ではなく「企業」の印象をアップさせるための運用へと変わりつつあります。

シャープとタニタのように、自社ブランディングだけでなく他社との交流をユーザーに見せることで話題作り、印象アップを狙う企業もあります。

好感を持たれるアカウントに!

今回は公式アカウントの面白いツイートと、そのような運用を行うアカウントに共通している部分を考察しました。

今回ご紹介したアカウントはほんの一例です。

他にも「自社ブランディング」を行うアカウントは多数存在します。

このようなアカウントをフォローして、交流を重視したTwitter運用を心がけてみてください!

知らないうちにツイートしてる?!Twitterアカウントが乗っ取られた時の対処法

「もしかしたらTwitterアカウントが乗っ取られているかもしれない」

と不安になったことはありませんか?

身に覚えのないツイートがされていた、リンクが貼られたツイートを勝手にリツイートしていたなど、乗っ取られてしまった経験のある方もいるかもしれません。

今回はアカウントが勝手に操作されてしまった場合の対処方法をご紹介します。

2つのパターンがある

乗っ取り被害には2つのパターンがあります。

一つは、ユーザー名とパスワードを入力してもログインすらできないというパターン、もう一つは、知らない間にツイートをしていたり、他のユーザーをフォローしてしまったりなど、見に覚えのない操作がされているパターンです。

どちらのパターンかによって対処方法が異なります。

自分のパスワードでログインできない

ログインすらできないという場合は、Twitteのヘルプページからパスワードの変更を行ってください。

まずは問題の解決方法をクリックします。

 

f:id:ashm:20170412190226p:plain

次に左側に表示されるアカウントへのアクセスの問題の中から「ログイン」の項目を選択。一番上に表示されるものが、乗っ取りに関する解決方法です。

f:id:ashm:20170412190435p:plain

あとは、説明文にしたがってリンク先でパスワードをリセットするための手順を踏みましょう。

勝手にツイートしている

身に覚えのないツイートがされているような場合は、Twitterアカウントと連携しているアプリのせいかもしれません。

まずは、自分が連携したことのあるアプリを確認しましょう。

Twitterで「設定とプライバシー」を選び、左側の項目から「連携アプリ」をクリックします。

f:id:ashm:20170412191022p:plain

画面には、あなたのアカウントへアクセスすることが許可されているアプリ一覧が表示されます。

その中で原因がありそうなアプリの連携を解除しましょう。

解除したいアプリの右側にある「許可を取り消す」をクリックすれば連携を解除することができます。

この方法は、Twitterのブラウザ版(PC・スマートフォン)で利用することができます。

乗っ取りを防止するには?

むやみにアプリを認証しない

f:id:ashm:20170412191551p:plain

このような画面が出てきた際に、深く考えずにアクセス権を与えてしまう人も少なくありません。

よく見ると下の部分に「許可する項目」が表示されています。

この部分に「ツイートする」という項目があると勝手にツイートされてしまうことがあります。

外部のアプリにアクセス権を渡すということは、自分のアカウントを相手が自由に使うことを許可しているのと同じです。

容易に連携を認証しないよう気をつけることが大切です。

フィッシング詐欺に気をつける

公式サイト以外でTwitterのログイン画面が表示されるような、フィッシング詐欺も横行しています。

ログインするときは、URLが "https://twitter.com"から始まっていて、暗号化を示す鍵のマークが表示されているか確認しましょう。

何も考えずにユーザー名やパスワードを入力するようなことは

早めの対処で周りへの被害を防ぐ

アプリ認証が原因で、リンクのあるツイートをしてしまった場合、そのリンクをクリックしてしまったユーザーも乗っ取りの被害を受けてしまう可能性があります。

被害の拡大を防ぐためにも、上記の方法でアプリの連携を解除することが必要です。

まとめ

今回はTwitterアカウントの乗っ取りについてご説明しました。

アカウントの乗っ取りは他人事ではありません。公式アカウントでさえ被害にあうことがあります。

3年前には、「music station」の公式アカウントが乗っ取り被害に遭い、「Mステ出場禁止歌手一覧」とリンクが貼られたツイートをしましたが、それもアプリの連携が原因でした。

SNSが普及した現代だからこそ、日頃からネット上のプライバシーに目を向けておくことが重要です。

過去のツイートをもう一度!セルフリツイートしてインプレッションを増やそう

Twitterには、他のユーザーの投稿を自分のタイムラインに表示することができる「リツイート」の機能があります。

実は、自分のツイートをリツイートすることができる機能が、2016年6月から実装されています。

今回は、自分が過去に行ったツイートをタイムラインに再投稿することができる「セルフリツイート」についてご紹介します!

セルフリツイートのメリット

セルフリツイートをするメリットについて、簡単にご説明します。

ツイートをより多くのユーザーにみてもらえる

Twitterを利用する時間帯って人によって異なりますよね。

そのため、日中のツイートは寝る前にTwitterを見るユーザーには注目されにくかったりします。

ツイートした時間と異なる時間帯にセルフリツイートすることによって、ツイートに目を通してくれるユーザーの幅が広がります。

告知、宣伝を楽にユーザーに知らせることができる

セルフリツイートは、イベントやキャンペーンの告知にも便利な機能です。

「明日が最終日です!」など、引用リツイートを効果的に使うのも良さそうですね。

同じツイートをする必要がなくなるので時間の短縮にもなります。

「自分」を強く印象に残すことができる

セルフリツイートを利用して、あなたの印象を強めることもできます。

過去にしたツイートをセルフリツイートすることで、自分のスタンスや考え方を他のユーザーに印象づけることができます。

ただ、告知や宣伝ほど他のユーザーにプラスになるわけではないので、やりすぎには注意が必要です。

セルフリツイートの仕方

やり方は簡単です。

まずはセルフリツイートしたいツイートを選択します。

次にリツイートのアイコンをクリック。たったこれだけで過去のツイートが再びタイムラインに表示されます。

f:id:ashm:20170412160839p:plain

最後に

いかがでしたか?

今回はセルフリツイートについてご紹介しました。

使い方、使い所は人によって様々ですが、Twitterを運用する上で便利な機能であることは同じです。

セルフリツイート、ぜひ使ってみてくださいね。

スムーズな操作が可能!新サービス「Twitter Lite」がリリース

4月6日、Twitterは新たなサービスをリリースしました。

今回は新サービス「Twitter Lite」についてご紹介します。

動きが軽いTwitter Lite

Twitter Liteはモバイルのブラウザで利用できるサービスです。

不安定なネットワーク環境でもサクサク動くよう、データ通信量を最小限に抑え、読み込み速度も最大30%向上、かつデバイス上の容量も1MB以下になるよう設計されています。

データ節減モード

また、データ節減モードも新たに追加されました。

データ節減モードにより、Twitter上の画像や動画をプレビューで表示し、タップするとユーザーが投稿した元の画像を見ることができます。

この設定により最大70%のデータ量を軽減することができます。

便利なサービスも追加

AndroidのGoogle ChromeからTwitterを利用する場合は、様々なプッシュ通知を受け取れるようになりました。

一時的に接続が切れてしまったときに対応するため、オフラインサポートも搭載。

また、Twitter Liteをホーム画面に追加しておけば、ブラウザで検索してTwitterを開く、といった手間を省くことができ、他のアプリのように楽に起動することができます。

このように、ユーザーが「あると助かる」と心待ちにしていたサービスも、続々追加されています。

このサービスの目的

今回のサービスは、ユーザー数の伸び悩んでいるTwitterが、通信環境が整っていない地域や、古い端末を使用しているユーザーの獲得を狙ったものです。

Twitterではユーザーの視点で様々な改善が行われています。

今後、どのようなサービスが提供されるようになるのか期待できそうですね。